神奈川・東京・千葉・埼玉・大阪に343校の臨海ネットワーク!! 神奈川拠点塾中選ばれて生徒数No.1(2017年3月、当社調べ。)

臨海セミナーロゴ

東大プロジェクト
WORKSHOP-高田馬場-

サイトマップ

WORKSHOP -高田馬場-

東大WORKSHOP 出張授業・添削 臨海セミナー最高峰の授業を是非堪能してください。開成・桜蔭・灘など全国の優秀な生徒に指導してきた人気講師が、最高峰の授業でもてなします。10月22日(日)東大数学・東大物理・東大化学・東大日本史

このイベントは終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

あの授業が、高田馬場で受講できる!!

東大の過去問、あるいはオリジナル予想問題を利用して、キミが苦手としている科目の論述問題だけをその場で解き、その場で講師が解説しながら添削するというWORKSHOPです。その場で答案の書き方を学べます。

【 対象学年:高3・既卒 】 10/22(日)開催

タイムテーブル
時間 授業内容
10:00 - 12:00

化 学 : 有機化学分野の総合演習(高分子単元)

12:30 - 14:30

国 語 : 東大現代文120字論述対策ゼミ

14:50 - 16:50

日本史 : 近代論述~条約改正~ 流れ整理と論述・記述強化対策

17:10 - 19:10

世界史 : 世界史論述書き方講座(3)市民社会の論述対策(近現代社会経済史)

会場マップ

場所 : 臨海セミナー早稲田採用センター(バンフォーレ三鷹ビル4F)

アクセス

JR高田馬場駅 戸山口より徒歩2分

西武新宿線高田馬場駅 西武戸山口より徒歩2分

東西線高田馬場駅  5番出口より徒歩3分

臨海セミナー東大プロジェクト 通塾生の声

Y.Y.くん(開成)

数学にせよ、世界史にせよ丁寧に添削してくれるのがよいです。 少人数授業ならではの利点だと思います。

学校では個別の記述添削をあまり行っていないので、臨海セミナーは本当に役立っています。
また、学校のすぐ近くにあるので、移動時間の節約になります。

世界史の小テストの前には、範囲のプリント・単語など全て覚えるようにしています。
これは学校の定期試験でも同じです。
重要語句だけ覚えるというやり方だけでは不十分です。
とにかく覚えること、練習を繰り返すことが重要だと思います。

高3 4月開成模試5科総合第1位

臨海が誇る人気講師が、最高峰の授業でもてなします!

化学:有機化学分野の総合演習(高分子単元)

全体的に知識・演習不足になりがちな高分子の単元について、つまずきやすい題材について総合演習を行います。

担当: 久田 隼人 講師

中学の理科の先生に化学の専門書を借りたことがきっかけで、有機化学をより深く学ぼうと決心。
中学から臨海セミナーESC難関高校受験科にお世話になり、開成高校に合格・進学。
高校では化学系の部活に入り、高校化学グランプリで金賞をとるなど実験以外の活動に励む。
高校でも大学受験科にお世話になり、東京大学理科I類に合格・進学。
東京大学工学部応用化学科からそのまま大学院に進み、有機化学系の基礎研究を行う。
次第に研究よりも教える・育てることにやりがいを感じるようになり、現在は塾講師をしている。

講師紹介を見る

国語:東大現代文120字論述対策ゼミ

文理共通第一問で2000年度から出題されている120字論述、配点が大きいことが予想されるこの設問に対し、「何となく」マスを埋めてわずかな部分点だけで満足している人はいませんか? 120字論述で高得点を取るための「正しい思考の仕方」「正しい論述の仕方」があります。この2時間で確実に得点できるコツを身につけましょう!

担当: 船越 俊英 講師

東大の国語で問われるのは「本文を的確に読解する」「設問の要求を的確に把握する」「答案として的確に表現する」という三つの力です。「答案作成力」=「得点力」を身につけることを重視し、東大入試において国語が生徒たちの得点源となるように日々の指導を進めています。
桐朋高校卒 → 東京大学文科三類 → 東京大学文学部中国哲学(現:中国思想文化学)専修卒 → 東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了。 研究者を目指し大学院に進んだが、「難解なことを難解に説く大学教授」より「難解なことを明快に説く塾講師」の方がカッコいいと考えて塾講師の道へ。大学受験国語の指導歴は20年を超えました。

講師紹介を見る

日本史:近代論述~条約改正~流れ整理と論述・記述強化対策

東大・一橋・京大などの難関国公立大学志望者対象の特別講座。過去の出題頻度が高い「条約改正」に絞って、その意義と論述テーマについて整理し、論述力向上を目標とする講座。外務卿・外務大臣の苦悩、寺島宗則や大隈重信、青木周蔵の外交方針や列強各国のアジア政策に絡む論述問題に取り組みます。内容理解を促進し記述解答方法に慣れ、短時間で問題解答を作成するための講座です。

担当: 高野 良徳 講師

國學院大学文学部卒國學院大学大学院文学研究科博士課程前期修了(文学修士)教員免許(地歴専修)、博物館学芸員資格、社会行政関連資格、ビジネス法務、キャリアアドバイザーとしても活動。
「来年、何が出るのか」「今、歴史学は何に直面しているのかという視点」これらの補填を行いつつ叙述する作業は単独ではこなせず、自学自習では時間が掛かりすぎることになる。
そうであれば、予習を経てさらに授業時間内で考えつつ、解答に到達する方法を数多く学ぶしかない。
そしてその結果が自分の得点力に比例すれば、実力が備わったと初めて認められるのである。
「東大日本史」に参加する生徒には、まずこうした説明をした上で、納得のいく方法論で対峙する。筆と思考力…これで最大の効果を出す学習方法は、太古の時代から資料・史料の熟読、反復、そして分析と考察であるのだと。

講師紹介を見る

世界史:世界史論述書き方講座(3) 市民社会の論述対策(近現代社会経済史)

論述の書き方講座の第3弾です。(第1・2弾を受講していなくても参加可)主に18世紀末~20世紀前半の市民社会について、特に、社会・経済史に焦点を当て、重要テーマを解説します。ジャンル的にも捕らえにくい社会・経済史問題への対応力をつけましょう。

担当: 林 香那 講師

筑波大学第一学群人文学類入学。同大学院人文社会科学研究科歴史・人類学専攻博士後期課程修了(文学修士)。2008~11年、日本学術振興会特別研究員(DC1)。専門は地中海通商史・イスラーム史(16・17世紀イギリス-オスマン帝国通商関係)。大学入学当初から歴史研究を志し、地中海世界の文化的多様性を知りたいという思いから、オスマン帝国を研究。10年の研究生活を経て、「勉強し続けてきたこと」が「自分の好きなことを追求して生きる」道を拓いてくれたことを実感。多くの高校生にその素晴らしさを味わってもらいたいと思い、塾講師の道へ。

講師紹介を見る

東大プロジェクト 横浜校  045-548-4119

東大ゼミ生なら!

東大入試に関係する題材の

添削を好きなときに何度でも利用可能!

(1教科1題から丁寧に添削します)

  • 予想問題・過去問を沢山解きたい
  • 費用を安く抑えたい
  • 自分に合う的確なアドバイスが欲しい
  • 他塾・予備校に通塾中or通塾が困難
  • 記述解答力をもっと伸ばしたい
  • 通信添削指導を受けたい

東大ゼミ生についてはこちらから