臨海セミナーについて

臨海セミナーでは、お子様の学習段階に合わせたコースを多数用意しております

ほかにあるよ!楽しいブログ
ペンギン入試レポートは臨海セミナーに通うみなさんに毎月お配りしている最新入試情報です。

不安解消!「受験生のよくあるご質問」にお答えします

入試情報センター
入試情報センター
公開日:2020年10月09日
今回は、公立高校入試に関する「よくあるご質問」にお答えします。

Q1.学校によって試験の内容や、内申と試験の比重が異なるそうですが、どうやって確認すれば良いですか。
A.高校ごとに、実施する検査・各資料の扱い方が決まっています。この資料は夏から秋にかけて発表されるものですが、2021年度入試に関しては下記のとおりです。  
【神奈川県】
2020年7月に「選考基準」発表。→ペンギン入試レポート7月臨時号
【東京都】
2020年9月に「選抜実施方法」発表。→こちらから
【千葉県】
2020年7月に「検査内容」発表。→ペンギン入試レポート8月号
【埼玉県】
2020年9月に「選抜基準」発表。→ペンギン入試レポート10月号
【大阪府】
2020年7月に「学力検査問題の種類並びに学力検査の成績及び調査書の評定にかける倍率のタイプ」発表。→こちらから

Q2.入学願書に第2志望を記入できますか。
A.
【神奈川県】
『農業・工業・商業・水産に関する学科』を置く高校の専門学科を志願するとき、その高校の同じ課程・同じ『○○に関する学科』の範囲内に限り、別の学科・コースをそれぞれ第1志望・第2希望として志願できます。また横浜国際高等学校では、国際科(国際バカロレアコースを除く)・国際科国際バカロレアコースについて、互いにそれぞれ第1志望・第2希望として志願できます。   
【東京都】
志望する高校において同じ学科内に2科(2分野)以上ある場合のみ、他の全ての科・分野に志望順位をつけて志願できます。
【千葉県】
同じ高校・同じ課程の範囲内に限り、別の学科をそれぞれ第1志望・第2希望として志願できます。
【埼玉県】
第2志望の出願を認めている高校について、教育委員会がまとめて発表しています。ここに掲載のある場合のみ第2志望の志願が可能です。→こちらから
【大阪府】 
出願は特別選抜・一般選抜ともに1高校1学科のみとなりますが、募集人員を複数学科ごとに設定している学校では、他の1学科を第2志望として出願することができます。

Q3.現在住んでいる都府県以外の公立高校を受験することは可能ですか。
A.高校入学時に転居している場合を除き、現在住んでいる都府県以外の公立高校を受験することは原則としてできません。ただし、埼玉・千葉・茨城の県教委がお互いの隣接地域内の公立高校に出願できるよう隣接県協定を結んでいるため、この3県に関しては、現在住んでいる県の以外の受験が可能です。(その際受験できる公立高校は1校のみとなります。)

今回の掲載内容はほんの一部ですので、入試について心配事が出てきた場合は、お通いの臨海の教室までご相談ください。すっきりとした気持ちで勉強に集中しましょう!(本内容は全日制高校についての情報です。)
最近の投稿
臨海セミナーについて

臨海セミナーでは、お子様の学習段階に合わせたコースを多数用意しております

ほかにあるよ!楽しいブログ
ペンギン入試レポートは臨海セミナーに通うみなさんに毎月お配りしている最新入試情報です。