臨海セミナーについて

臨海セミナーでは、お子様の学習段階に合わせたコースを多数用意しております

ほかにあるよ!楽しいブログ
ペンギン入試レポートは臨海セミナーに通うみなさんに毎月お配りしている最新入試情報です。

内申を上げるための戦略 ~提出物 3つのポイント~

大野 浩嗣(ESC難関高校受験科)
大野 浩嗣(ESC難関高校受験科)
公開日:2021年09月03日
提出物で内申を上げるためには3つのポイントがあります。

(1)アピール
提出物は、自分がどこまで授業に深く関われたかを先生にアピールしていくものです。よって自分の提出物の完成度を気にしましょう。
そのために、「先生が口頭で言ったことまで書く」「学習を通して気付いたことを書く」「本質理解のために資料集などで自分で調べ、まとめる」
ワーク系は「レポート用紙に解き直し・間違えた理由・次どう気を付けるかを書く・問題集等で類題を解いて一緒に提出する」が良いです。また、見せ方も意識してください。重要なところには「付箋」「色をつける」等をしましょう。

(2)真似る
自分で良いものが出来た、と判断しても評価をする先生がそう判断しなければ駄目です。あくまでも先生が「良いもの」と判断できるものを作る、という意識が必要です。一番良いのは、実際に高評価を得ている友達・先輩の提出物を見ることです。先生はそういった素晴らしい提出物を見て高評価をつけているので、その質より下回ると当然自分の評価は下がります。自分の世界だけで完結しないようにしましょう。

(3)相談
実際に評価をしている先生に「どうしたら高評価の提出物になりますか」「自分は何が足りないですか」と直接聞いた方がよいです。「こうすればきっと大丈夫」という自分の予想で動くのではなく、何をしなければないのかを明確に知った上で動く方が良い結果になります
最近の投稿
臨海セミナーについて

臨海セミナーでは、お子様の学習段階に合わせたコースを多数用意しております

ほかにあるよ!楽しいブログ
ペンギン入試レポートは臨海セミナーに通うみなさんに毎月お配りしている最新入試情報です。