臨海セミナーについて

臨海セミナーでは、お子様の学習段階に合わせたコースを多数用意しております

ほかにあるよ!楽しいブログ
ペンギン入試レポートは臨海セミナーに通うみなさんに毎月お配りしている最新入試情報です。

成績の見方 ~通知表~

小中学部
小中学部
公開日:2022年03月18日
もうすぐ楽しい春休み。
学校では、先生から「成績表」が返されますね。
今回は、そんな「学校での成績表の見方」を、お伝えします。

今回のポイントは、3点です。

はじめに


「学校での成績表」は、
各教科、以下「3つの観点」それぞれに、観点別評価A・B・C」がつけられ、
それらを総合して、教科の評定(1~5)がつけられます。
≪3つの観点≫
①知識・技能
②思考・判断・表現
③主体的に学習に取り組む態度

評定(1~5)だけで判断することはできません


観点別評価(A・B・C)をしっかりと見ましょう。

「主体的に学習に取り組む態度」の項目は、
主に「授業中の積極性」「提出物の提出状況」、で点数がつけられることが多いです。
テスト結果だけが良くても、良い点数はつきにくいです。

観点別評価自分の課題を把握しましょう。

所見に良くないことが書かれていたら


基本的に、所見欄中学校の教科担当の先生からのメッセージです。

書かれていることが原因で、
「1」下げました、または「現状維持にしました」、
ということが多いです。

中1だからといって甘い点数はつきません


中1だからといって、内申点のつき方は甘くないです。

特に、前期や1学期の成績に関しては、
定期テストの難易度がそこまで高くないため差がつきにくく、
テストの点数が良いからといって、5がつくとは限りません。

最後に


通知表の点数
 1.テストの点数
 2.授業態度
 3.提出物
からつけられます。
今回のポイントは、以上です。
自分の課題を知り、これから先の学習に活かしましょう!!
最近の投稿
臨海セミナーについて

臨海セミナーでは、お子様の学習段階に合わせたコースを多数用意しております

ほかにあるよ!楽しいブログ
ペンギン入試レポートは臨海セミナーに通うみなさんに毎月お配りしている最新入試情報です。