神奈川・東京・千葉・埼玉・大阪に343校の臨海ネットワーク!! 神奈川拠点塾中選ばれて生徒数No.1(2017年3月、当社調べ。)

臨海セミナーロゴ

中学生 特色検査対策模試

特色検査対策模試

ソコが知りたい!特色検査

 特色検査という制度は知っていても、何が求められるのか、どんな対策が効果的なのか、自分は特色検査で点がとれそうなのか、もやもやと気になっている人も多いはず。臨海セミナーの特色検査対策模試が実施される2学期の間、ちょっと気になる特色検査コラムを不定期で公開します!

 まずは自分の力試しに模試を受けて、対策の仕方や考え方を踏まえてもう一度模試にチャレンジしたら、意外といい結果になるかも……!?受験生のみなさん、ぜひ活用してくださいね!

第1回:フツーの試験とどう違うの?

教科横断型

 特色検査はよく「教科横断型」と表現されます。
 たとえば社会と数学と英語、複数の科目の力を問うということですね。一科目に特化した学力だけではなかなか解答にたどり着けないため、バランスよく学習をする必要があると言えます。
 「バランスよく学習」……と言うのは簡単ですが、教科書の内容を超えて、ある程度まんべんなく知識をつける必要があるのが難しいトコロ。さらに暗記した知識だけでなく、想像力・読解力・推理力を駆使して答えを導き出す、というのが出題傾向です。
 そういう訳で、「今年はコレが出る!」など当てるのが難しく、直前に一夜漬けで対策して得点力をつける、というのは難しい試験と言えそうですね。

第2回:デキる人ほど引っかかる!

 これまでの学校生活では、先生が教える解き方を身につけ、教科書に載っていることを覚えて、ワークをしっかりこなせば、安定した点数が取れていたと思います。塾に通っている人の中にも、模試を何度か受けて、パターンを見抜いて対策しているという人は多いでしょう。
 ただ、それがなかなか通用しないのが特色検査。第1回でもお伝えしたように、教科書の内容を超えて出題されますし、なにより複数の教科の力を使うことに慣れている人はそうそういません。自分史上初の斬新な問題形式に、思考がストップしてしまう人もいます。だからこそ、独力で突破しづらいのです。
 特色検査を解く糸口になる力は、本質を見抜く力です。暗記だけでなく、疑問を持ち、別の切り口で考えてみようとするという、言われたことから良い意味ではみ出してみることが第一歩です。
たとえば、マイナスとマイナスを掛けたらなぜプラスになるのか?練習の一環として、中1の知識から洗いなおしてみるのもいいかもしれませんね。

第3回:想像?創造?表現力?

 評価の観点というのを既に調べている人も多いでしょう。その中の、想像力(創造力)や表現力というのは、漢字や単語の暗記、理社の一問一答のようなものと違ってなかなかイメージがつかないですよね。
 想像といっても、人間ですから全く何もないところから生み出すことはできません。漢字の偏と旁の意味を知っていれば、知らない漢字でも意味を予想しやすくなるように、素材となる知識や体験をたくさん持っている方が良いでしょう。その素材集めという意味では、赤の他人の考え方を追体験できる読書はイイ選択肢の一つですね。もちろん、流し読みしないで「自分だったらどうだろう?」「こうしたらストーリーは変わっていたかな?」と頭を働かせながら読む方がグッと効果的です。
 一方、表現力はアウトプットする力です。自分が思ったこと、感じたことを、誰かに伝える力です。伝える手段は言葉・文字の人もいれば、絵や造形、踊りや音楽で伝える人もいるでしょう。どんな手段であれ、相手に自分の中に生まれたものを伝える訳ですから、一人で鍛えるのは難しいでしょう。宿題の演習問題でも、作文、趣味、何でもかまいません。自分の考えを形にし、第三者に見てもらい意見を交換すること(そしてへこまずに頑張ること!)がレベルアップの秘訣です。

第4回:特色検査の方が得意!って、そんなのアリ?

 特色検査も試験のひとつですので、特色検査の方が点が取りやすい、という人も中にはいるようです。
 臨海の卒業生に見られたタイプでは、「恐竜が大好き!」とか「城のことなら超詳しい!」という特定のジャンルに興味がある人、豆知識が好きな人、……など、様々でした。総じて言えば、問題を楽しんで解ける、好奇心旺盛な人の方が相性がよさそうですね。また本人の好みとは別に、中学受験の勉強をしていた人も、比較的特色検査の得点できている様子が見られるようです。
 好奇心が強いあまり、先生の教え方以外の解き方は無いかと探してみる人、というのも最たる例ですが……先生の言うことをしっかりきけることも内申UPには欠かせません。先生の言う通りにやってみた上でトライしましょう(笑)

第5回:わかってるよ!でも「理解」してる?

 理解力や洞察力、論理的思考力を問う学校は多いです。これらの力をレベルアップさせるには、何をすればいいのでしょうか?
 たとえば、どの教科でもいいので問題を解いてマル付けをするとき、模範解答を見ますよね? そこで「どうしてこれが模範解答と言えるのか?」「他の答えではなぜマルにならないのか?」など考えたことはあるでしょうか? これを「なんとなく」ではなくちゃんと考えることは、「問題の本質に近付くこと」であり、理解力や洞察力に繋がるのではないでしょうか。それを言葉にできる、いろんな科目でできる、となると更にいいですね。
 ちょっと難しいな……と思った人は、引き出しを増やしていくために新聞や本を読んだり、自分の好きなものが「どうしてこうなっているのか?」を考えるといいかもしれません。また、小説や新聞など文章の要約・別の表現での言い換え、論理的パズルを解く、といったことにチャレンジするのも、練習のひとつになりそうです。
 ずばり「考えること」に尽きると言えそうです。

第6回:得意科目で攻めるか?苦手科目を対策するか?

 5科目の模試を受けるときでも、得意科目を伸ばすか、苦手科目を克服するかは悩みドコロですね。結論を言ってしまうと、人それぞれ!……と言っては身も蓋もありませんが、要するにどちらも大事な中で、各自の状況に合わせて取捨選択する必要がある、ということです。
 まず苦手な科目を克服すべきタイプは、「基本問題が苦手」「得意科目なら課題を出されなくてもドンドン進められる」という人。苦手科目は取り掛かるのにちょっと根気が必要ですし、教科横断型の問題では「数学がちょっと絡んだだけでもうムリ!」みたいな状況は避けたいところですよね。
 一方、得意科目を伸ばしたほうが良いのは、「特色検査の問題自体に難しいイメージがある」「やる気が正答率につながりやすい」というタイプ。得意科目から進めれば、一見難しい問題でも取り掛かりやすくなりそうです。
 もちろん、どちらか一方だけやればいい、というものではありませんよね。学校によって「取れる得点を増やす」というパターンもあれば「取りこぼしがないようにする」ということもありますし、文理の比率も傾向が分かれます。また、バランスをとるには「苦手な科目の割合を多くし、息抜きとして得意科目を」というやり方もアリでしょう。やっぱり人それぞれになってしまいますね(笑)

第7回:実技科目も対策しないとダメ……?

 歌詞を題材にした特色検査の過去問などを見ると、「実技科目もしっかり勉強しないと、本番で解けないかも……」と不安に思う人もいるかもしれません。しかし、パッと見には音楽や保健体育などがメインテーマに見えても、解くために使う知識は5科目のもの、ということも往々にしてあります。例えば、技術の分野から設計図が出てきても、体積や面積を求めるなら数学の知識、回線の配列となると理科の知識、ということです。つまり、日頃しっかり授業を受けて、日常生活に関わる範囲の知識は身に付けられている皆さんであれば、受験のために時間を割く必要性は低いと言えそうです。必要な学力は「定期テストで9割」「内申で5~4」を取れるくらいが目安になるでしょう。
 ただし、デザイン科や音楽コースなどは言うまでもなくそれぞれの実力も必要です。闇雲に全科目手を出してみるのではなく、自分の受験する学校をよく調べて、過去問を何度も解いて、傾向にあった対策をするのが一番の近道ですね。

最終回:王道はコレだ!ボクの・ワタシの特色対策

特色検査を見事突破した先輩の経験や、その指導にあたった先生方のお話を集めてみました!
 特色検査に向けた対策の一つとして、読書や新聞など知識量を増やすものはよく取り上げられます。自分が好きなもの以外の知識も増やせることや、文章そのものを読み慣れること、受験に限らず自分の糧になるということもあり、広い意味での勉強として人気ですね。
 特色検査の問題は、私立中学の入試問題や、都立のグループ作成校の問題などにも似たようなものがあると言われています。自分の志望校以外の特色検査の過去問を解いておいたことが役に立った、という卒業生の声もあるので、どこまで類題を探すかは自分次第ですね。
 あとは何と言っても、演習量を増やすこと、さまざまなタイプの問題に触れること。継続は力なり、ローマは1日にして成らずというのは、どんな勉強でも変わりませんね。

  • 資料請求
  • 無料体験授業
  • 教室を探す

臨海セミナー総合案内 ☎045-441-4119