高2 東大テストゼミ 理社チャレンジ
本気で東大・難関国公立大を目指す高校2年生のための東大型理科・地歴模試
東大即応模擬試験+解説授業
東大の入試形式に準じたハイレベルな問題に挑戦。
  • POINT
    最高クラスの難度

    高校1年生・高校2年生の模試としては最高クラスの難度

  • POINT
    東大生TAが採点・添削

    現役東大生ティーチングアシスタントが1枚1枚丁寧に採点・添削

  • POINT
    その場で解説・質問

    分からなかったところはその場で解説・質問できる

高2東大テストゼミ理社チャレンジ 詳細

開催日 11/14(日)
受験会場 臨海本社ビル4F
東大西日暮里校
Live-Online
対象 高校2年生
費用 通塾生・東大ゼミ生・体験生は無料
※東大ゼミ生になるためには、登録手数料として3,300円(税込)が必要です。

高2東大テストゼミ理社チャレンジは、通塾生東大ゼミ生無料体験授業体験生のいずれかに登録すると参加できます。また、いずれかに登録すると、過去問などの添削を回数無制限で受けられる「オンデマンド添削」サービスも利用できます。

理社チャレンジのポイントを各先生に聞きました

  • 【東大プロジェクト】高2理社チャレンジ 企画内容と利点
    総合プロデューサーの関根先生に、企画内容とチャレンジをするメリットを伺いました
  • 【東大プロジェクト】高2理社チャレンジ 化学 久田先生
    久田先生にポイントを聞きました
  • 【東大プロジェクト】高2理社チャレンジ 日本史 高野先生
    高野先生にポイントを聞きました
  • 【東大プロジェクト】高2理社チャレンジ 地理 岡田先生
    岡田先生にポイントを聞きました

通塾生・東大ゼミ生の方はこちらからエントリーしてください

はじめて東大テストゼミを受講する方はこちらからエントリーしてください

タイムスケジュール

理科

12:00~13:00 開場 / 試験前配信
13:00~15:30 理科試験(物理・化学2科目150分)
※1科目のみの場合75分
15:30~15:40 休憩10分
15:40~16:40 物理解説
16:40~17:40 化学解説

文科

12:00~13:00 開場 / 試験前配信
13:00~15:30 地歴試験(日本史・世界史・地理から2科目選択150分)
※1科目のみの場合75分
15:30~15:40 休憩10分
15:40~16:40 地理解説
16:40~17:40 世界史解説

※日本史は、試験後に解説動画を公開いたします。

今後の予定

今後の予定 2月
※詳細が決まり次第更新をいたします。

テストゼミの流れ

申し込み

「通塾生」「東大ゼミ生」である方は、無料で参加できます。校舎にご連絡ください。
東大ゼミ生でない方は、ゼミ生に登録してください(登録料3,300円(税込))
*一度登録すると、今後も参加でき、また添削などのサービスも受けられます



11/14(日) 臨海本社ビル会場・西日暮里会場・Live-Onlineいずれかの会場で受験

※Live-Online受験希望の場合は、あらかじめ問題をご自宅に郵送します。
当日は、ご自宅でYouTubeとGoogle Classroomを使って参加していただきます。
※当日参加できない方は後日受験も可能です。


採点

現役東大生のティーチングアシスタントが、皆さんの答案を素早く採点・添削します。
忘れる前に間違えたところを確認できる!!



解説

試験の後に、すぐに解説が行われるので、疑問点が残らない!
質問ももちろんOK!



表彰

総合成績・各科目優秀成績者には、後日表彰状と「成績優秀賞」を贈呈!!

ティーチングアシスタント総勢150名以上!!
現役東大生があなたの答案を採点します!

出題範囲・内容

物理

出題形式と出題範囲

解答形式

大問3題で1題20点×3=60点満点

出題範囲

「物理基礎」全範囲・「物理」力学分野全範囲

試験時間

75分

問題作成者より

基本的には力学の全範囲から広く出題する予定です。問題の難易度は、東大入試本番レベルよりやや易しめの問題から同程度の問題まで幅広く出題します。高校物理における力学全体の理論体系を整理し、十分な問題演習を積んだうえで試験に臨んでいただきたいと思っています。

化学

出題形式と出題範囲

解答形式

大問3題で1題20点×3=60点満点

出題範囲

「化学基礎」全範囲、「化学」理論化学分野全範囲

試験時間

75分

問題作成者より

問題文中の情報や、今までに身に付けた知識・解法を利用し、設問で問われたことに対して適切に解答できるかを問います。問題の難易度は、東大入試よりもやや易しめ~同程度のレベルの問題です。理論分野の内容について十分に問題演習を行い、基本的な知識・解法を事前に確認するようにしましょう。

また、東大プロジェクトの高3東大化学では、1学期までは応用問題の演習を中心とした授業を行い、夏からは東大の過去問を扱います。入試で必要となる暗記や理解すべき知識は比較的多いため、高2の早いうちから基礎的な内容は終わらせておくようにしましょう。

日本史

出題形式と出題範囲

解答形式

大問4題で1題15点×4=60点満点

出題範囲

旧石器時代から桃山文化まで

試験時間

75分

問題作成者より

2021年 高2「東大日本史得点王」を狙え!

各問1行30字×6~7行(180~210字程度)の記述形式で、問題内容としては、①説明 ②比較 ③因果関係の3パターンです。2020年度の東大・一橋大で出題された部分は除きます。また「共通テスト対策」として、図版・資料・文化史問題も敢えて出題します。

出題範囲は、第1問・第2問(古代)・第3問・第4問(中世~近世初期=桃山文化まで)。配点は1問=15点×4問で60点満点です。実際の東大の配点と同様に出題します。各学校カリキュラム都合上、中学で通史(あくまでも中学校課程)、高校3年で演習という場合や、高1で江戸期もしくは幕末期から始めているという変則課程も多く見られますが、理社チャレンジでは出題範囲が限定してありますので、是非ともこの機会に挑戦して下さい。

■ 教科書・参考書範囲

※旧石器時代から桃山文化まで。
山川出版『詳説日本史』 p.11~p.169、山川出版『新日本史』 p.12~p.158、
山川出版『詳説日本史研究 』 p.9~p.241 ※日本史図版なども必ず参照しておくこと。

世界史

出題形式と出題範囲

解答形式

大問3題で1題20点×3=60点満点

出題範囲

【A:古代~ルネサンス】、【B:大航海時代~現代】から選択

試験時間

75分

問題作成者より

クイズ(知識)ではない。もっと面白い「東大世界史」にチャレンジ!

世界史は、【A:古代~ルネサンス】【B:大航海時代~現代】のどちらかを選択し、解答して下さい。本番同様の出題構成・形式です。暗記ではなく、歴史についての理解を試されるのが東大の論述です。

学校の進度にかかわらず、これから本格的に世界史の勉強に取り組もうという場合は、【A】を選択し、以下の対策で臨みましょう。
①教科書の該当範囲で「時代の流れ」、「因果関係」、「時代地域ごとの政治・経済・宗教・文化・社会の特徴」を抑える。
②用語集で該当箇所の用語についてしっかり確認する。

高3東大世界史で、どのような力を身につけなければいけないかが分かります。

■ 教科書・参考書範囲

【A】
山川出版『詳説世界史研究』p.15~257、山川出版『世界史用語集』p.5~p.157
※章立てで、「オリエントと地中海世界」~「近世ヨーロッパ世界の形成」に相当。

【B】
山川出版『詳説世界史研究』p.250~541、山川出版『世界史用語集』p.148~p.364
※ 章立てで、「近世ヨーロッパ世界の形成」~「現在の世界」に相当。

地理

出題形式と出題範囲

解答形式

大問3題で1題20点×3=60点満点

出題範囲

全範囲

試験時間

75分

問題作成者より

難易度はやや易し目です。教科書・参考書など熟読しておけば取れる問題ですので、是非挑戦してみて下さい。

また、東大プロジェクトの高3東大地理は4月開講になります。それまでに教科書の内容などは読んでしておくようにしてください。最短経路で東大入試レベルまで持っていきます。

通塾生・東大ゼミ生の方はこちらからエントリーしてください

はじめて東大テストゼミを受講する方はこちらからエントリーしてください

  • 冬期講習無料体験授業(大学受験)