臨海セミナーロゴ

神奈川公立トップ校コース
学習面でのサポート

神奈川公立トップ校コース

学習面でのサポート

内申対策/テスト対策

公立高校入試の合否は、学校成績(内申点)と当日の入試得点で算出された総合点で決まります。学力向上のポイントは日々の学習を大切にし、何度も繰り返し、各単元を高いレベルで習得することです。

毎回の授業ではカリキュラムテストを実施し、前回授業の定着度を講師が把握した上でその日の授業を行います。もちろん、日々行われる補習で、できるようにさせてから帰宅させています。これらの積み重ねが、中学校で行われる定期テストや成績(内申点)に結果として表れるのです。

また、中学校の各定期テストの約2週間前から通常授業が「テスト対策授業」に変わります。 通常授業よりもピリッとした雰囲気で、生徒の集中力も向上していきます!

ハイレベルなカリキュラム

近年の公立高校入試では思考力・判断力・表現力を問う問題が増加しており、基礎的な学習だけでは十分に対応できないものも出題されています。
臨海セミナーでは、クラスにより指導内容、授業スピードなどを調整し、それぞれの実力に合った指導を行っています。宿題の量や質も、クラスに準じたものを出しています。
また、中3の夏期講習から入試対策をスタートさせ、入試への対応力を高めます。そのため、他学年のカリキュラムも先々の入試を見据えて作成し、志望校合格へ向けて確かな指導を行っております。

模擬試験

中1生で全8回、中2生で全10回、中3生は「臨海模試」を含む全14回を受験していただきます。これにより、「全体の中の位置」を把握することができます。
模擬テストへの取り組み方、模擬テストの復習の仕方、なによりも日々のたゆまぬ学習によりしっかりと実力をつけることを主眼に、指導してまいります。上記の模擬テストとは別に神奈川県模試やWもぎ等の一般公開模擬テスト、通常授業内での確認テストなど、臨海セミナーでは万全の体勢で受験生をサポートしてまいります。

特色検査対策・入試対策

特色検査は「資料の読み取り」や「発想」、「表現」、「知識」など、受検する高校によって評価の観点が異なります。特色検査の中心となる自己表現検査は、旧入試制度での前期選抜の自己表現活動の流れをくむものです。臨海セミナーではそのノウハウを引き継ぎ、特色検査導入初年度の春に、横浜翠嵐、湘南、厚木、平塚江南、小田原等の実績を大きく伸ばすことができました。平成28年度入試に向けては、平成27年度入試の傾向を徹底的に分析したうえで、高校側が評価するポイントを測ることができる問題を取り揃え、「特色検査対策講座」「特色検査対策模試」を実施します。

臨海セミナーでは9月以降、高校入試へ向けた実践量を養成するために、土曜日・日曜日を中心に、臨海セミナーオリジナルテキストを用いた入試対策の講座を実施しています。理科・社会では中1・2の内容の知識の復習から始めて、演習までを行います。さらに英語・数学ではトップ校対策として、高校入試に出題されるレベルの問題を大量に演習することで、入試本番で要求される得点力をアップさせることを目指します。

意識を高める学習環境

公立トップ校合格には、学習内容に加えて学習「環境」も重要だと考えています。
臨海セミナーの公立トップ校コースは、ただ、現状の成績が高い生徒を振り分けているのではなく、「公立トップ校に合格する」という同じ未来を目指す生徒が集まるクラスです。
自分の身近なコミュニティの中ではライバルの数は限られていますが、臨海セミナーでは近隣の中学校の優秀生と机をならべたり、地域の優秀生と競い合ったりと、学習意欲の高い生徒の実力をさらに磨き、意識を高めることのできる環境を提供しています。

臨海セミナーが誇る的確な進路指導

臨海セミナーにしかできない、精度の高い進路指導

臨海セミナーでは、昨年のその高校を受験した生徒の入試結果や合否結果だけで進路指導をしておりません。臨海セミナーに在籍している中3生6000名以上からの分母から算出しております。これは、神奈川最大生徒数を誇る臨海セミナーにしかできない精度の高い進路指導で、かなりの自信を持っております。

そして、「模擬試験の偏差値」と「内申」を見て、臨海セミナーに在籍する中3の上位に入っている生徒に公立トップ校を勧めております。『臨海セミナーの志望校判定模試で●%未満の枠では合格率●●%、●%未満の枠まででも合格率●%以上』というように、的確な進路指導を行います。

さらに、臨海セミナー本部には各学校の入試情報を収集する「入試情報センター」を設置しております。受験生の皆様に自信を持って入試当日を迎えていただけるよう、を中心にどこよりも早く適切な情報を入手し、提供してまいります。

入試相談会/入試情報資料/保護者説明会・面談

例年参加者が1万人を超える「私立高校入試相談会」では、生徒・保護者の皆様が私立高校の入試担当の先生と直接相談することができます。
オリジナル入試情報誌「ゴールめざして」、進路情報便り「ペンギン入試レポート」や、さらなるサポート体制を構築し、受験生のみなさんにとって悔いの残らない入試となるよう全力を尽くしてまいります。
また、保護者説明会や保護者面談で、必要な情報を十分に提供できる場を多く設けています。

公立トップ校ってどんな学校? 保護者のための公立トップ校相談