臨海セミナーロゴ

神奈川公立トップ校コース
保護者様のための公立トップ校相談

保護者様のための公立トップ校相談

なぜ、公立トップ校を勧めるのでしょうか?

​成長の可能性を広げられる環境があるからです。

公立トップ校相談にお答えします!

同じ学力のあるお子さんでも、入学する高校が変わってしまうと、入り口、つまり入学時は同じ学力でも、出口、卒業時には大きく状況が変わってしまいます。そういった生徒さん達を私たちは何人も私は見てきております。
昨年度の合格ライン、進学実績や、模試結果等からみると、現状旧学区のトップ校である○○に受かる可能性が十分あります。そしてそのことは○○君の将来の「選択肢」を広げる可能性が高くなることでもあります。
これからの3年間で学ぶ学習内容レベルを考えた時に○○と2番手以下の高校では大きな差があります。もちろん「合う、合わない」ということを考えなくてはいけないかもしれませんが、それはどの高校を選択しても同じ問題を抱えます。「今」の段階で気に行っていたとしても3年後に後悔する可能性だってあります。結局、人はその「環境」によって変わっていくものだと思います。どのような「環境」が彼の「選択肢」を増やしていくかを考えると、絶対に○○高校だと断言できます。
○○君の「今」ではなく、「入ってからの不安」でもなく、○○君の「成長の可能性」を最も広げられる「環境」に送ることが我々周囲の大人の役目ではないでしょうか?

公立トップ校にギリギリで入学すると、勉強についていくのが大変になりませんか?

結局、どこの高校に行っても楽は出来ません。

公立トップ校相談にお答えします!

高校に入ってから「楽をしたい」とか「ビリの方に居たくない」という話を聞きますが、結局、どこの高校に行っても楽は出来ません。さらに言うならば就職試験で「入ってから楽をしたい」などという動機で受かる企業はありませんよね(笑)。
ただ、もしその「楽をしたい」というニュアンスが大学受験で楽をしたいというならば、それこそトップ校にするべきです。
実際に神奈川県の旧学区トップ校と言われる高校の大学進学率が高い理由は、本気で大学を目指すという生徒たちが多い環境だからです。この大学受験の意識は3年間の高校生活をがらりと変えます。10人中9人が目指す環境と10人中3人しか目指さない環境ではすべてが変わってきます。
万が一を恐れて、公立高校のランクを下げるという選択をされるご家庭もあるのですが、あまりお勧めいたしません。自分に合ったレベルもしくは少しでも上のレベルの中で学校生活を送らないと、実力は伸びないどころかどんどんと下がってしまいます。もともと臨海セミナーの卒業生は、高校進学時に上位にいることが多いくらいしっかりと仕上げてから卒業させています。退屈をするような公立高校選びは3年後の大学選びで苦労します。

内申があまり獲れていないのですが、公立トップ校を受験させても良いのでしょうか?

内申確定後でも、実力をつければ巻き返しはできます。

公立トップ校相談にお答えします!

内申に自信がなくとも「内申2割、入試6割、面接2割、特色2割」という制度において、「入試6割」で逆転していることがあります。
公立トップ校に関して言えば、内申だけで合格可能性を判断しない方が良いでしょう。

ご存知の通り、合否はS値で出します。まだ変えられるものが半分近くもあると考えましょう。 「統一模試」と「5回の臨海模試」の判定を見て、進路指導担当講師が毎回細かく面談を行い、今後の勉強法指導していき、最終的な受験校についてもアドバイスいたします。

志望校を下げることは、簡単なことだよ。でも今はまだまだ自分を磨いていく時期だから先生を信じて努力を続けて欲しい。そのために君たちは塾に来ているんだよ。冬休みもこんなに勉強しているんだよね!
データもしっかり臨海で持っているからいまは絶対に上を見て勉強しなさい。受かる可能性があるのに、志望校をさげて楽になるという行動がこれからの皆さんの人生にとってプラスになるとは思わない。今の第1志望を目指して努力を続けること、それこそが君たちの成長につながります。

希望する私立併願校が取れず、公立トップ校を受験したくないと言い出しているのですが…

私立高校の一般受験を視野に入れてはいかがでしょうか?

公立トップ校相談にお答えします!

公立高校を第一志望としている場合、公立高校1校、私立高校1校の全部で2つの高校しか受験できないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、2月の上旬から中旬に実施される私立高校の「一般受験」に挑戦することも可能です。
一般受験は内申点を考慮しないところが多く、当日の試験の点数のみで合否が決定されます。
臨海セミナーには、公立高校合格に向けて勉強をしながら、私立高校を複数受験する生徒もたくさんいますので、公立入試に向けてはもちろん、私立高校の一般受験にも対応できる学力をつけられるカリキュラムを準備しています。

公立トップ校は勉強ばかりで、楽しくないんじゃないかと子どもが言っているのですが…

勉強だけじゃなく、学校行事に対する意識も高い生徒が集まっています!

公立トップ校相談にお答えします!

我々は職業柄、「子供たちの幸せ」を一番に考えます。それは大学であり、就職です。子どもたちにとって人生の先輩である我々が教えられることは「明るい未来」です。
高校入学後、トップ校に進学した臨海の卒業生が『トップ校を選んでよかった!』と高校生活の近況報告をしに来てくれます。勉強は大変でも、意識の高い友だちが出来て、そのような環境に自分が居られる喜びが、そのような一言に表れくるようです。
また、トップ校は学校行事に対する意識も高く、どの学校も体育祭や文化祭はかなりの盛り上がりを見せます。
勉強ばかりになってしまうと思われているお子様も多くいらっしゃるようですが、学校説明会や行事などに参加し、高校の雰囲気を自分の目で確かめてから、改めて自分の進路についてしっかり見つることをおすすめいたします。

高校受験は人生の大きな分岐点。悔いのない受験を!

15歳のお子様にとって、受験は人生初といっても過言ではないくらいに大きな出来事です。
とはいえ、高校受験は最終着地点ではありません。スタートです。最終的には、塾からの情報や進路指導の言葉を元に、家庭でよく話し合って納得の行く受験をしてください。
人生、選択しなければならないときが、これからたくさんやってきます。そのときに最良の選択ができるよう、目先のことだけでなく、先のことをよく考えて、悩んで、受験校を最終的に決めてください。

臨海セミナーは、「子供の夢をかなえたい」、そのために「一つでも上の学校に合格させたい」「1点でも点数を上げたい・もっと良い成績をとってもらいたい」という姿勢を創立の頃から想い続けています。

講師の質にこだわり、学習指導のみならず、生徒のやる気を奮い立たせる講師、高い理想を語れる講師となるような研修を徹底して繰り返しているのも、すべてそのためです。
しかしながら、個人塾のもつ「親身さ」「ていねいさ」だけでは限界があることも事実です。「あやふやな情報」「経験論だけ」の進路指導を行っているのなら、子供の努力は結局空振りに終わってしまいます。
そのため「個人塾の良さ」を活かしつつ、大手総合進学塾の持つ「情報力」を蓄えてきました。
神奈川県入試制度はこの数年で大きく様変わりし、情報が交錯する中で臨海セミナーはトップクラスの合格率、実績を残してまいりました。「親身な指導」と「情報力」、そして「生徒を思う気持ち」があってこその結果であると自負しています。

公立トップ校合格に向けて

保護者のための公立トップ校相談

上に戻る