臨海セミナーロゴ

総合進学コース(小学部)
小学生英語

小学生英語

聞く話す読む書く

子供たちを取り巻く英語の環境は変化しています!!

小学5・6年生の英語は何が変わるの?

小学5・6年生の英語で変わること

①教科になる=成績がつくようになる

②「聞く」「話す」だけでなく「読む」「書く」活動も加わる

③年間35コマから年間70コマへ

2020年度から新しい学習指導要領が全面実施されます

この新学習指導要領では、新たに小学3年生・4年生でも英語の授業が「外国語活動」という形で年間35コマ行われる予定です。そして現在「外国語活動」が行われている小学5年生・6年生では、英語の授業時間が現在の年間35コマから年間70コマに増加し、「外国語活動」から「外国語科」という教科になることになっています。

また、中学校では英語の授業を原則英語で実施する計画が進んでおり、英検準2級程度(現在の高校中級程度)の能力を養うという到達目標が新指導要領では定められています。高校ではすでに英語の授業は英語で行うことが規定され、指導もスタートしています。改革が進む大学入試においても、「読む・聞く・書く・話す」という4技能を評価するために、TOEFL®TESTといった外部の資格検定試験の活用などが検討されています。

英語も成績がつくようになります

新指導要領から小学5年生・6年生で英語が「教科」になることで、算数や国語と同じように成績がつくようになります。また、外国語活動で行われていた「聞く」「話す」活動を中心に授業は行われますが、「読む」「書く」に「慣れ親しむ」ための活動も加わることになっています。

臨海セミナーでは以下のようなサイクルで対応していきます!

授業 小学校の学習内容に対応+中学校に向けた英語の基礎づくり

1ヶ月の流れ

  • その月のテーマとなる文法や表現を「聞く・話す・読む・書く」という4つの技能を活用して身につけます。
  • 1つのテーマをくり返し練習するので、しっかりと定着させることができます。
  • 「話す・聞く」練習を通じて『英語を用いたコミュニケーション』に慣れることができ、また「読む・書く」練習を通じて『中学校での英語学習の基礎』を作っていくことができます。
  • 毎月「月例テスト」を行い、その月の学習内容の習熟度を確認します。不安な部分が残ったまま次の単元に進んでしまわないよう、フォローしていきます。

学期の流れ(例)1学期

3ユニットごとに「まとめテスト」を行います。くり返し学習することで、より高いレベルで表現や文法を定着させることができます。

宿題 授業内容の定着+単語学習法の習得

授業内容の定着

授業でつかうテキスト

授業でつかうテキスト

宿題

宿題

授業で学んだ知識を様々な
パターンで練習し定着します。

ご家庭でデジタルブックを使って、音声を聞くことができます。ネイティブスピーカーの発音に触れ、英語のリズムを楽しく学ぶことができます。日本人が発音しにくい音声については発音のコツも収録されています。
※インターネットにつながるスマホやタブレット、パソコンがあればいつでもどこでも音声が聞くことができます。

単語学習法の習得

授業の最後に家で単語練習をするためのノート作りをします。

ノート例

自習学習のサイクル/練習・テスト・丸付け・やり直し

自主学習に必要なこのサイクルを早い段階で身につけることができます。

テスト

毎月の学習習熟度を測るために、臨海セミナーでは小学部全校で「月例テスト」を実施しています。
月例テストとは、小学部でほぼ毎月行う習熟度確認のためのカリキュラムテストです。その月の学習内容から出題されます。
月例テストを目標に勉強することで、得意な単元の力をさらに伸ばしたり、不得意な単元を克服したりする姿勢を養います。
そして、月例テスト最大の特長は、大きな母集団の中で集計を行うことです。
全校一斉に実施したテスト結果の平均点・順位・偏差値等を算出し、「個人成績表」で一人ひとりに結果をお伝えいたします。

保護者の方にとっても、「個人成績表」はお子様の塾で頑張った成果を見てあげる良い機会となります。
お子様の位置を的確に把握していただける上に、お子様にとっては勉強する際の大きな励みになります。
こうした毎月の指導を通して、中学校進学後にある定期テストで高得点を取るための習慣作りを行っております。

お問い合わせ・お申し込み

  • 総合案内電話番号045-441-4119
  • 小学部・教室検索
  • お申込みフォームへ
  • 資料請求
  • 無料体験授業
  • 教室を探す

臨海セミナー総合案内 ☎045-441-4119