臨海セミナーロゴ

神奈川県公立高校
特色検査の概要

平成30年度神奈川県公立高校入試 特色検査の概要

自己表現検査の概要

学校名 学科
コース等
評価の観点 検査の概要
横浜翠嵐 普通科 ・理解・分析力
・思考・判断力
・表現・構成力
・想像力
与えられた課題を読み取り、中学校までの学習の成果を教科横断的に活用して、設問に対する答えや自分の考えを記述する。検査時間は60分とする。
希望ヶ丘 普通科 ・表現構成力
・情報活用力
・判断推理力
・論理的思考力
与えられた課題を読み取り、中学校までの学習の成果を生かして、設問に対する答えや自分の考えを記述する。検査時間は50分とする。
光陵 普通科 ・読解力
・思考力
・表現力
検査日当日に、学校が提示した課題について、自らの考えなどを口頭で発表する。発表時間は5分以内とする。
柏陽 普通科 ・理解力
・情報活用能力
・論理的思考力
・表現構成力
教科横断的な基礎的・基本的な知識理解を踏まえて、それらを総合的に活用した思考力・判断力・表現力等を把握するための検査を行う。検査時間は50分とする。
横浜緑ヶ丘 普通科 ・論理的思考力
・表現力
・創造性
与えられた課題を読み取り、中学校までの学習の成果を生かして、設問に対する答えや自らの創意工夫を凝らした考えを記述する。検査時間は50分とする。
横須賀 普通科 ・理解力
・情報活用力
・論理的思考力
・表現力
提示された文章や資料を読み取り、中学校までの学習の成果を総合的に活用して、設問に対する答えや自分の考えを記述する。検査時間は60分とする。
湘南 普通科 ・論理的思考力
・洞察力
・情報活用能力
・表現力
説明文や提示された資料を読み取り活用し、与えられた課題や設問に対して、中学校までの学習の成果を生かして、答えや自分の考えを記述する。検査時間は60分とする。
平塚江南 普通科 ・表現力
・理解力
・情報活用能力
・論理的思考力
中学校までに獲得した教科横断的な基礎力・基本的な知識・技能を総合的に活用した思考力・判断力・表現力を把握するための検査を行う。設問に対する答えや自分の考えを記述する。検査時間は50分とする。
厚木 普通科 ・様々な情報を
的確に把握する力
・論理的思考力
・判断力
・表現力
与えられた文章や資料を読み取り、中学校までに獲得した教科横断的な学習の成果を総合的に活用した思考力・判断力・表現力を把握するための検査を行う。検査時間は50分とする。
田奈 普通科 ・事前準備
・協調性
・意欲、取組み姿勢
・自己理解力
提示されたテーマについて自分の考えをまとめ、10分程度のグループでの話し合いを行う。話し合いの前に各自1分程度で日本語によるスピーチを行い、話し合い終了後に振り返りの発表を各自1分程度で行う。テーマは志願時に受検生に提示する。作品等の提示やパフォーマンスは行わない。
釜利谷 普通科 ・事前準備
・取組み姿勢
・理解力
面接の前に2つのテーマについてスピーチを行う。
検査当日提示されたテーマについて、集合時間から検査開始までの30分程度で自分の考えをまとめ、2~3分のスピーチを行う。
「中学校時代に取り組んだ部活動、学校行事等について」をテーマに2~3分のスピーチを行う。
大楠 普通科 ・意欲、取組み姿勢
・協調性
・思考力、判断力
提示されたテーマについてグループでの話し合いを行う。テーマは検査当日に提示する。検査時間は40分程度とする。
大井 普通科 ・事前準備
・理解力
・取組み姿勢
志願時と検査当日に提示されたテーマについて、それぞれ日本語によるスピーチを行う。志願時に提示されたテーマについて自分の考えをまとめ、3分程度のスピーチを行う。検査当日に提示されたテーマについて検査開始までの30分程度で自分の考えをまとめ、2分程度のスピーチを行う。
大和東 普通科 ・事前準備
・取組み姿勢
・理解力
・表現力
志願時に発表するテーマについて、自分の考えを2分程度にまとめ、日本語でスピーチを行い、それに関する質問に答える。
神奈川総合 単位制普通科
国際文化コース
・理解力
・説得力
・創造性
学校生活や社会生活などに関するテーマについて、原則として6人でグループ討論を行う。
テーマは、当日の検査開始30分前に提示する。初めに、グループで自由討論を20分間行う。その後、意見発表を一人1分以内で行う。
横浜市立
横浜
サイエンス
フロンティア
単位制理数科 ・読解力
・課題設定力
・情報活用力
・課題解決力
理科・数学・英語など各教科の基礎的・基本的な知識・技能を広く活用し、与えられた教科横断的な課題に対して、提示された資料をもとに記述する。検査時間は60分とする。
相模向陽館 単位制普通科
午前部・午後部
・学校の特色等
の理解
・伝達・表現する力
本校の特色やグランドデザインなどに関して、検査当日に与えられた課題について25分程度で記述する。

実技検査の概要

学校名 学科
コース等
評価の観点 検査の概要
白山 美術科 ・形の把握力
・調子による
表現力
・画面構成力
与えられた題材を鉛筆デッサン(素描)する。鉛筆(濃さを変えて数本)と消しゴム(練り消しゴムも可)を持参する。用紙(B4画用紙)は学校で用意する。検査時間は60分とする。
上矢部 美術科 ・形を把握する力
・明暗の調子や
質感を表現する力
・しっかりと描き込もうとする力
・画面を構成する力
与えられた題材を鉛筆でデッサン(素描)する。鉛筆(2H~4Bの範囲で使用可)、練り消しゴムを持参する。
鉛筆削り用のカッターナイフを持参してもよい。題材および用紙(B4画用紙)は学校で用意する。検査時間は90分とする。
厚木北 スポーツ科学科 ・運動の能力
・技能力
共通種目:敏捷性テスト(反復横とび)、瞬発力テスト(立ち幅とび)
専門種目:スポーツ科学科で学習する次の内容のうち(  )内の8種目の中から1種目を選択し、その種目についての技能を検査する。
・測定競技(陸上競技)・・・走・跳・投の各種目から1種目を選択する
・ゴール型球技(サッカー、バスケットボール)
・ネット型球技(バレーボール、ソフトテニス)
・ベースボール型球技(ソフトボール)
・ターゲット型球技(ゴルフ)
・武道(柔道)
【提出書類】実技選択種目様式
川崎市立
川崎総合科学
デザイン科 ・完成への
意欲、集中力
・描写の技術
・表現力
与えられた題材を鉛筆でデッサン(素描)する。鉛筆(H~2B程度)、消しゴム(練り消しゴム可)を持参する。
題材および用紙(B4画用紙)は学校で用意する。検査時間は90分とする。
横浜市立
横浜商業
スポーツマネジメント科 ・正確性(技術の
確かさ、正確度)
・技能力(技能の
高さ、専門性)
次の実技検査種目の中から1種目を選択し、実技検査を行う。
・ベースボール型球技(ソフトボール)
・ネット型球技(卓球、ソフトテニス、バレーボール)
・ゴール型球技(バスケットボール、サッカー)
・基礎運動実技
【提出書類】実技検査選択種目提出用紙。
川崎市立
スポーツ科 ・運動の能力
・技能の正確性
共通種目:反復横跳び
選択種目:サッカー、バレーボール、バスケットボール、陸上競技、剣道、ソフトテニス、ソフトボール以上の7種目から1種目選択する。
※ただし、陸上競技については「短距離走、長距離走、障害走、走幅跳、走高跳、投てき」から1種目選択する。
検査時間は共通種目、選択種目合わせて60分間とする。
【提出書類】実技検査選択種目提出用紙
横浜市立
戸塚
単位制普通科
音楽コース
・演奏技術
・演奏表現
・曲の完成度
入学後、主に取り組む楽器で、次の内容を演奏する。
・演奏時間は1人につき①②合わせて約3分とする。
・課題によっては途中で演奏を止める場合がある。
 ①音階   ②課題曲
・音階の詳しい内容・課題曲については、戸塚高校ホームページおよび学校説明会にて提示する。
 (受検可能な楽器)
フルート、ピッコロ、オーボエ、ファゴット、B♭クラリネット、 E♭クラリネット、アルトクラリネット、バスクラリネット、 アルトサキソフォン、テナーサキソフォン、バリトンサキソフォン、 トランペット、ホルン、トロンボーン、バストロンボーン、 ユーフォニアム、テューバ、
打楽器(スネアドラムとマリンバ、またはマリンバのみ)、ピアノ
【提出書類】実技検査楽器提出用紙
横浜国際 単位制国際科 ・理解力
・英語による
コミュニケーション能力
自分自身の考えについて口頭による英問英答を行う。
検査時間は10分以内とする。
弥栄 単位制音楽科 ・演奏技術
・演奏表現
・楽曲の完成度
専攻とする器楽または声楽の実技検査
・専攻については以下の通りとする。
 ピアノ専攻
 管弦打楽器専攻:フルート、オーボエ、クラリネット、サクソフォーン、ファゴット、ホルン、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、テューバ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、クラシックギター、ハープ、小太鼓、マリンバ
 電子オルガン専攻
 声楽専攻
・専攻ごとに指定された課題を演奏する。課題については、弥栄高校ホームページ及び学校説明会にて提示する。
【提出書類】実技検査提出用紙
単位制美術科 ・表現の技術
・表現の工夫
与えられた題材3つを鉛筆デッサン(素描)する。
鉛筆(2H、H、F、HB、B、2B、3B、4Bの範囲で使用可)を持参する。
練り消しゴム、鉛筆削り用のカッターナイフを持参してもよい。B4画用紙は学校で用意する。検査時間は60分とする。
単位制スポーツ科学科 ・基本的技能
・応用技能
実技検査
(選択する実技種目)
バレーボール、バスケットボール、バドミントン、サッカー、陸上競技、剣道、ベースボール型実技
以上の7種目から1種目を選択し、技能検査を行う。
※ただし、陸上競技については、「短距離走、中・長距離走、ハードル走、跳躍、投てき」から1種目を選択する。
【提出書類】実技検査選択種目提出用紙
  • 資料請求
  • 無料体験授業
  • 教室を探す

臨海セミナー総合案内 ☎045-441-4119