nyushi_kohyo_tokyo2022.png

英語

2022toritsu_e.png

問題の構成は例年どおり大問4題,小問23問の出題です。英文記述の問題は今年度もリスニングの英問英答と英作文の2問が出題されました。特に[4]の読解問題では,解答するために読み取るべき情報量が多く,選択肢を絞るのに時間がかかるので,全体の時間配分に注意して解答する必要がありました。

[1]はリスニング問題で,短い対話や自己紹介の発表を聞き,その内容に関する質問に答えるものです。問題の選択肢から,どのようなことについて質問されるか,選択肢になっている情報はどこで出てくるかを想定しながら聞くと,正確に解答できたのではないでしょうか。

[2]は資料を伴った短い対話文やEメールを読んで答える問題で,最後に英作文が出題されています。英作文は,Eメールの一部を3つの英文を書いて完成させるものでした。「町に公園があることについて,自分にとって良い点は何か」というテーマをEメールから読み取った上で,全体的にまとまりのある内容となるように英文を考える必要があります。平易でもかまわないので正確な英文を書くようにしましょう。

[3]は対話文読解の問題です。自分自身の目標や,それを達成することについての対話でした。下線部が示す内容やそう答えた理由を解答する問題が多く,その前後でどのような内容が話されているかを理解する必要がありました。登場人物が述べた内容を流れに沿って並べかえる問題や,対話文の内容に関する要約文を完成させる問題もあり,対話文全体の内容を把握している必要がありました。

[4]は長文読解の問題です。例年通り,本文の内容に関する問題と,本文の流れに沿って4つの文を並べかえる問題が出題されました。これらの問題は文章全体から解答に必要な箇所を探す必要があったため,時間がかかったのではないでしょうか。複数の登場人物がいて,直接話法を多く用いた会話の多い文章であったので,代名詞が誰()を指しているのかをとらえづらい部分もあったと思います。段落ごとに場面を把握しながら読み進める力が求められました。

問題解説

  • [2]対話文と資料を読んで答える問題
    2 RikuとTonyが都市と公園に関するオンライン講義について話をしている場面です。(A)を含む一文はBut you can take it on (A), right?「でも,あなた(=Tony)は(A)にそれを取ることができるのですよね。」です。Tonyは1・2回目の発言でCity Planning「都市計画」のBasic class「基本的な講義」を取りたい,と答えています。しかし,毎週木曜日の午後の時間は家族とインターネットで話すので,その日は参加できない,と述べています。資料Ⅱの講義の予定表より,Tonyが参加できるのは火曜日の午後であるとわかります。よって(A)はTuesday afternoonです。(B)を含む一文はSo you’re going to take an online class on (B), right?「では,あなた(=Riku)は(B)にオンライン講義に参加するつもりですよね。」です。Rikuは4回目の発言でMaking Parks「公園をつくること」に関心があると述べています。また,直後のTonyの発言にある,テニス部が忙しいのに参加できるのか,という質問に対しては,毎週月・水・金曜日の午後は練習があるので,午前の講義なら参加できると答えています。Rikuの6番目の発言より,Advanced class「発展的な講義」に参加したいということがわかります。ここまでの情報を踏まえると,資料でRikuが参加できるのは水曜日の午前とわかるため,(B)はWednesday morningとなり,正答はアです。
  • [3]対話文を読んで答える問題

    〔問1〕 本文中でYumeが「Yes.」と答えた理由を選択する問題です。直前のKeitaの発言である,Did you have a good time there?「あなたはそこ(=ホテル)で楽しい時間を過ごしましたか。」に答えたとわかります。下線部(1)の後では,そこのレストランで食べたシーフードや部屋からの美しい景色を楽しんだと述べています。このことから答えは,選択肢アのThe views from her room were beautiful, and the food was good.「彼女の部屋からの景色が美しく,食べものがおいしかった。」です。

  • [4]物語文を読んで答える問題

    〔問1〕 登場人物のひとりであるSatoruの発言,I don't want to do that.「私はそれをしたくありません。」の内容について答える問題です。問題では"to do that"の部分が空欄になっているため,何をしたくないのか,にあたる部分を本文から探します。thatは前に出てきた物事を示す指示代名詞であるため,下線部より前の文を確認します。下線部は2段落目のTomokoの発表の最後にある,As a new activity, let's pick up trash on the roads in our neighborhood.「新しい活動として,私たちの近所の道のごみを拾いましょう。」に対し,SatoruMayaとともに反対している場面なので,選択肢エto pick up trash on the roads as a new committee activity「新しい委員会の活動として道のごみを拾うこと」が正答です。

数学

2022toritsu_su.png

問題構成,総設問数,難易度は例年通りといえるでしょう。

[1]は正負の数,文字式,根号を含む式の計算,1次方程式,連立方程式,2次方程式,度数分布表,円周角の定理,中点の作図の9題。どの問題も数学の基礎的な力を試すものでした。

[2]は,3桁の自然数を使った倍数の証明でした。これまでの入試問題を使った演習をしていれば,十分に対応できた問題でした。

[3]は,2次関数について,変域,直線の式を求める問題と,図形の性質を利用する問題でした。3の図形の問題は,線分の比をもとに座標を求める問題でしたが,座標を文字で表す過程で苦戦した受検生も少なくなかったと思います。

[4]は,正三角形に関する出題でした。1は例年通り,角度について文字を用いて表す問題でした。問2は基本的な合同の証明でした。問3は面積を表す問題で,相似の考え方や角の2等分線と比の考え方など,平面図形に関する知識とそれを活用する力が試される問題でした。

[5]は空間図形で,直方体に関する出題でした。1は台形の周りの長さを求める問題でした。問2は四角錐の体積を求める問題で,立体の高さの決め方に悩む受検生もいたことと思いますが,都立入試ではよく出題されるタイプの問題です。三角錐に分割すると,使う図形や計算量を大きく減らすことができました。

問題解説

  • [5] 空間図形
    2022toritsu_s-5.png

国語

2022toritsu_k.png

例年と同様,大問5題,小問25題の構成で,記述型の設問は漢字と200字作文のみでした。

[1]・[2]は漢字の読み書きです。書きは小学校,読みは中学校までの学習範囲からの出題でした。

[3]の文学的文章は,登場人物の様子や心情の読み取りの出題が中心で,全て記号選択型の設問でした。傍線部の周辺を丁寧に読めば正答にたどり着ける問題が多かったようです。

[4]は「考えること」についての論理的文章で、文字量は昨年よりもかなり増えました。設問構成はほぼ例年通りで,傍線中の言葉の説明を問うものや段落の関係を読み取るものが出題されました。問一・二のように傍線部から少し離れたところまで読んで正答の根拠を見つけるものや,本文と似たようなことが部分的に複数の選択肢に書かれているものもあり,答えを一つに決めるのに苦労した受験生もいたかもしれません。問5では,文章内容を踏まえ,「コンピュータ化できない人間の考え方」というテーマで体験や見聞を含めた自分の意見を書く200字の作文が出題されています。

[5]は古典を引用した複数の文章を読む問題で,今年は西行の和歌と詞書(ことばがき)に関する文章でした。昨年度と同様の対談形式の文章に加えて論説文もありました。古文や注まで含めると文字量がやや多く,時間内に解くためには必要な部分に絞ってすばやく読む必要があったでしょう。問三のように傍線が本文の二箇所に引かれている形式は都立入試では珍しく、読む量が多くて解くのに手間取った受験生もいたかもしれません。問五は現代文における「の」の識別の問題でした。

問題解説 [4]論理的文章

  • 問1

    まず第二段12行目から「原始的人間と動物の間に大きな違いがない」ことを読み取ります。そして第三段1214行目「動物における……と表現される」から、動物の行為が本能的であることを読み取ります。この2点を踏まえると、動物と大きな違いがない原始的人間の行為も本能的と判断できるため、ウの「人間の……違いはない」と合います。アは全体的に誤りです。イは「最適な方法で目的を達成する人間」が誤りです。エは全体的に誤りです。

  • 問2

    「本能的な行為」は第三~四段、「脱既存概念の考え方」は第五段以降で説明されています。第三段1214行目「動物における……と表現される」と第四段68行目「人間の『考え方』の……見える」が、エの「人間も……違わない」と合います。第五段24行目「新しく発想する……一線を画している」がエの「創造的な思考は……異なる」と合います。アは「記憶の方式」の違いが第四段13行目「動的に考えるか……行っている」と合わないので誤りです。イは「経験に基づく人間の行動」が誤りです。ウは「目的と行為が固定されているのは人間だけである」が誤りです。

  • 問3

    第八段の最後で「具体的な……考える」と議論の方向を定めています。第九段では段落全体で説明していることを最後に「これを『考える目的』のように表す」とまとめており、アと合います。イは「『考える』ことに関する……転換を図っている」が誤りです。ウは「要約し」が誤りです。エは「一つ一つ説明し」が誤りです。

  • 問4
    傍線中の「それ」は前の三文「それにはまず、……出すことはしない。」の部分を指しており、イの「『考える』目的……言語化する」と合います。イの「論理……見えてくるということ」は傍線部と合うので、イが正答です。アは全体的に誤りです。ウは「無意識に……なくなる」が誤りです。エは「異なる考えを検索し……保存できる」が誤りです。

理科

2022toritsu_r.png

出題形式・出題数はほぼ例年とおり。例年に比べ実験や観察の内容がかなり読み応えのあるものでした。設問前にすべてを読んでいるとかなりの時間を要したと思われます。

[1]の小問集合では,回路に流れる電流の問題は,電気抵抗が3つあり少し難しかったでしょう。その他のものも原理もそうですが,その理屈をきちんと理解しているかが問われました。

[2]は,例年通りレポート形式。重力と質量の違いも問われましたが教科書に掲載の多い内容で「見たことがある」と思えたことでしょう。蒸留の実験では,フラスコには気体にならない成分が残り,濃度が高くなることが問われました。きちんと溶質が固体であることから成り立っている問題と認識しておいてもほしいところです。

[3]は,岩石のでき方や地層のつながりの問題でした。岩石の特徴や化石,土砂の堆積する場所,柱状図の読み取りなど幅広く問われました。地層のズレについては柱状図に加えて,文中にさっと書かれた標高を漏らさず読み取れているかで解答の速さに差が出たことでしょう。

[4]は,遺伝の規則性の問題。受精と生殖細胞や受精卵の染色体の数,実験結果からの遺伝子の組み合わせの推測といった問題が出ました。

[5]は,電池,水の電気分解,中和と3種の実験が含まれていました。電池の設問では電極での原子や電子,イオンの様子,電気分解では気体の性質,中和ではイオンの個数の変化が問われました。どれも定期テストでもテキストでも何度も解いたものでした。

[6]は,物体の運動とエネルギーについての問題。平均の速さや力のはたらきと運動の様子,力学的エネルギーの変化について問われました。速さでは指定された区間,力学的エネルギーでは高さの変化をきちんと読み取っていればすぐに正解にたどり着けました。

問題解説 [3]岩石のでき方,地層の広がり

  • 問1

    追加で岩石についての情報があり,スケッチなどの情報と合わせて判断する。岩石は火山岩と判別できる。

  • 問2

    フズリナの化石があるので,古生代と判断。また,脊椎動物の進化の過程を考えるとは虫類ののちに鳥類が出現していることから,古生代はあてはまらない。

    脊椎動物の出現の順や年代は,1.魚類(古生代),2.両生類(古生代),3.は虫類(古生代),4.哺乳類(中生代),5.鳥類(中生代)である。



  • 問3

    流水で運ばれた土砂は,粒の大きなものから堆積する。泥岩をつくる泥の粒は小さく,流水のはたらきで河口から遠く,深いところまで運ばれる。

  • 問4

    X点,Y点の地表の標高はそれぞれ40.3m36.8mである。

    次に,それぞれの柱状図で「同じ時期に堆積している」とある凝灰岩の標高を考える。

    X点では,地表から11m掘ったときにあらわれるので,凝灰岩の上の面は標高29.3m

    Y点では,同様にして,27.8mである。

    よって,X点の凝灰岩の標高の方が1.5m高いと判断できる。

社会

問題構成は大問6題,総小問数20題,全問題の配点が5点と,変更はありませんでした。今年は入試出題範囲の限定はありませんでしたが,公民の配点は少なく,経済分野からの出題はありませんでした。

[1]は小問集合。1は昨年と同じ出題の仕方で,地域調査と地形図を照らし合わせて調査ルートを選ぶ問題でした。他の2題は歴史と公民の一問一答で,時間をかけずに解答したい問題でした。

[2]は世界地理。1は,ある地域に関する説明文から,その地域と雨温図を選んで答える問題でした。説明文のイスラム商人や季節風(モンスーン)という語からアジアを連想することで地域を,説明文を正しく読み取ることで雨温図を選ぶことができました。

[3]は日本地理。1は,「製造品出荷額」・「海岸線と臨海部の工業の様子」が載った表と道県を組み合わせる問題でした。工業に関する知識はもちろん,長崎県はリアス海岸も見られることや島が多いことから面積の割に海岸線は長いと判断することが求められました。

[2]・[3]を通し,地理では問題文と説明文,そして資料を読み,そこからどう判断するかが求められました。

[4]は歴史。4題中2題が並び替えの問題でしたが,選択肢の中からキーワードとなる語を見つけ,時代や年代などと結びつければ解くことができました。

[5]は公民。4は立法の流れを理解した上で,修正案がどういったものかを考える必要がありました。

[6]は総合問題。12は世界の近代史,問2では歴史の知識と略地図を読み取ることが必要でした。

問題解説

  • [1]問1:説明されたルートを通る地形図を選ぶ問題

    文章・写真・地形図と情報量が多い問題でしたが,「漁師町の痕跡を巡った様子」の2文目の「橋を渡る」・「水準点」といったものをヒントにすれば解ける問題で,答えはエでした。

  • [2]問1:説明文から,該当する地域と雨温図を選ぶ問題

    Ⅰの説明文の「イスラム商人」や「季節風(モンスーン)」という語から答えるべき地域はアジアにあると判断し,Dを選びます。雨温図は気温からイかエに絞ることができ,説明文中の「雨の到来を祝う文化」や「降水量が物価動向にも影響する」という語句から雨季と乾季があるイを選びます。

  • [3]問1:4つの道県とその道県の説明を組み合わせる問題

    4つの道県は北海道・兵庫県・福岡県・長崎県で,アは「国内炭と中国産の鉄鉱石を原料に鉄鋼を生産していた製鉄所」から八幡製鉄所が作られた福岡県,イは鉄鋼の出荷額から兵庫県となります。残ったウとエは,エの「多くの島や半島,岬によって複雑に入り組んだリアス海岸」から長崎県だと判断し,残ったウが北海道となります。長崎県は47都道府県中,面積は37位ですが,海岸線の長さは先の理由から2位です。

  • [4]問1:財政基盤を固めるために行われた政策を並び替える問題

    それぞれの選択肢からキーワードを探し,何時代のものか考えましょう。アは「墾田永年私財法」から奈良時代,イは「摂関政治」から平安時代,ウは「建武」から鎌倉幕府滅亡後の「建武の新政」が行われていたころ,エは「元軍の襲来」から鎌倉時代となり,答えは「ア→イ→エ→ウ」となります。

入試で合格をつかむためには、まず調査書の内申点をとれるように中学校の定期テストできっちり点数をとり、宿題や課題などの提出もしっかりとおこなっていき、前向きな姿勢で中学校の授業に取り組む必要があります。臨海セミナーでは常にその重要性について伝えながら学習指導にあたってまいります。 また、通常授業・宿題管理・小テスト管理・進路指導・進路情報提供・入試対策においても、できる限りの応援をさせていただきます。

入試で合格を勝ち取ることができるよう、志望校合格に向けて、懸命に指導にあたらせていただきます。十分な情報と入試に出題される内容を的確におさえた授業、なおかつ生徒のやる気を引き出す授業を展開し、生徒の志望校合格という一つの夢の実現を目指してまいります。