kanagawa_kohyo_kv.png ※このページでは、中学2年生までの学習範囲で出題された問題を解説しております。

英語

大問構成は昨年度と変わらず8題構成でした。英語の基本的な知識に加えて,場面に応じた内容を表現する力,資料や英文から情報を整理して読み取る力など,より実戦的な力が求められました。

問1はリスニング。(ウ)では,放送内容をふまえて与えられた英文の空欄に適切な語句を補う問題が出題されました。

問2は対話文の空所にあてはまる適切な単語を選ぶ問題。昨年までの単語記述の問題から選択肢が与えられる形に変更されました。単語の知識だけではなく,対話文の文脈を理解する力が求められました。

問3・4で適語選択問題や語順整序が出題されました。問4では複数の文法を組み合わせたり,与えられた単語から適切な文を完成させたりする必要があったため,難度が高かったといえるでしょう。

問5は英作文。英文とイラストから場面を把握し,適切な英文を作る必要がありました。前後の内容や指定語から完成文を考えられる問題なので,あまり時間をかけずに解答したい問題です。

問6は長文読解問題。文章全体の主題や主張を把握しておくことが重要です。(イ)(ウ)は選択肢を絞りきるのに各選択肢の文意を正確にとらえる必要があり,時間がかかったかもしれません。

問7は対話文と資料を見て答える問題。対話文を読みながら,選択肢を絞っていくことができます。解答するための要素が文中にあるので,文章を正確に読み進めながら情報を整理する必要がありました。また,計算が必要な問題もあったので,落ち着いてミスなく解答できるとよいでしょう。

問8は対話文読解問題。(ア)は文中の内容にあてはまる資料を選ぶ問題で,二つ選ばなければならないので難しいと感じたかもしれません。しかし,下線部の前後に解答のための要素があり,それぞれ2~4行程度と長くないので,あせらず正確に読み取って解答しましょう。問6や問8にある内容一致の問題は文章全体を見る必要があるため時間がかかりますが,選択肢の内容からキーワードとなる語,特に話題や固有名詞などを見つければすばやく探すことができます。

kanagawa_eng_2022.png

問題解説

  • 問4 語順整序
    (イ)語群に続けてwhen you were a child?「あなたが子どものとき」とあり,Bの発言ではA doctor. I was interested in helping many people.「お医者さんです。私はたくさんの人々を助けることに興味がありました。」とあります。また,語群前にWhatがあることや語群にdidやwantがあることから,文全体として「子どものときに何になりたかったか」という文を作るのだろうと予想できます。英文はWhat did you want to be when you were a child?「あなたは子どものときに何になりたかったですか。」となります。
  • 問5 部分英作文

    空欄を含むBの場面は,前の日曜日に祖父の家へ行ったというYukikoに対し,そこへの行き方についてReikaがたずねるという場面です。空欄の直前でYukikoは「普段は家族と車で行くが,今回は一人で電車とバスで行った」という内容があり,Reikaはその時のことについてたずねているとわかります。空欄の後にある,・・・get there when you used the train and the bus?に続くように文を完成させる必要があります。条件にあるitlong,また,Cの場面に応答文としてTwo hours.2時間です。」とあることから,そこに着くのにかかった時間をたずねる文を作ればよいとわかります。「どのくらいの間」はhow longを使います。また,「~のとき」をあらわすwhen以降の時制と合わせて動詞の過去形を用います。「時間」を表す場合は主語にitを置き,「(時間が)かかる」には動詞のtakeを用いるとよいでしょう。空欄の後のget(動詞)とつなげるためには,to(不定詞)を使います。How long did it take to get there when you used the train and the bus?「あなたが電車とバスを使ったとき,そこに着くのにどれくらいかかりましたか。」という文を作ることができます。

  • 問7 対話文と資料を読み取る問題

    ()質問はWhen will Kana and Mary go to the music festival?KanaMaryはいつ音楽祭に行くつもりですか。」という内容です。対話文と各々のスケジュールを照らし合わせながら考える必要があります。Kana3回目の発言で,7/238/10を提案していますが,Maryは次の発言でどちらも予定があると断っています。そのあとで,Mary8/18/3を提案しますが,Kanaは毎週木曜日の午後にテニスのレッスンがあると言っています。しかし, Kana5回目の発言では,I will move one of my tennis lessons to the next day, so we can go to the music festival on that day.「私はテニスのレッスンのうち1回を次の日に移します。だから,私たちはその日に音楽祭に行くことができます。」と言っています。Kanaのスケジュールに元々テニスのレッスンの予定が入っていて,Maryの予定も空いている2. August 1.が正答です。

数学

大問数は昨年と同様,6題での出題でした。

問2は,x2に比例する関数の変域,方程式の応用,平方根を含む式の値などが出題されました。問3は,証明問題のほか,ヒストグラム,円周角の定理,三角形の面積がありました。証明問題は昨年に引き続き中2学習内容である「合同」が出題されました。ヒストグラムについては,説明文から適するものを選択する形式で,それぞれの内容について素早く吟味する必要がありました。また円周角の定理に関する出題では,平行というヒントから二等辺三角形を見つけることが近道でした。三角形の面積に関する問題では,補助線をひく必要があり難度もかなり高いものでした。

問4の関数は,例年と出題傾向は大きく変わりませんでした。問題文で与えられている情報を抜け漏れなくグラフに整理し,等積変形の知識に結びつけて考えられると,正解に近づけたでしょう。(ウ)では実際に面積を求めることも十分可能で,やや易しくなった印象です。

問5の確率は出た目によって比を決めるといった操作でしたが,実際の長さについて考えることで,当てはまる場合かそうでないかの判断がつきやすくなりました。

問6の空間図形は,体積,面積の問題は例年通りの難度でしたが,(ウ)では最短距離を求めるにあたり,複数の補助線や3辺の長さの比がわかる三角形に注目し,それと相似な図形をさらに探していく必要があるなど,かなり難度の高い問題でした。

全体を通して,難度の高い問題の配点が大きくなっており,基本的な問題を素早く正解していくことはもちろん,難度の高い問題についても,時間と労力を割く問題を見極め,着実に得点する必要がありました。

kanagawa_math_2022.png

問題解説

  • 問3(ア):合同の証明・平行四辺形の性質
    kanagawa_math_2022_3.png
  • 問3(イ):データの活用

    (i) まず2年生について考える。1年生の中央値を含む階級は22以上26未満なので,2年生のヒストグラムは,選択肢125のいずれか。
    30回以上の生徒の割合は,1年生が7÷380.184…なので,2年生は40×0.1847.36()より少ないものを選ぶ。選択肢125のヒストグラムのうち,あてはまるのは選択肢1のみ。よって,2年生のヒストグラムは選択肢1である。

    (ii) 次に3年生について考える。1年生と3年生の最大値が等しいことから,34回以上38回未満の階級の度数が1人以上のものを選ぶ。あてはまるのは,選択肢456。
    14回未満の生徒の割合は,1年生が4÷380.105…なので,3年生は40×0.1054.2()より少ないものを選ぶ。
    選択肢456のヒストグラムのうち,あてはまるのは選択肢56。
    さらに,2年生と3年生の最頻値が等しいことから,2年生は選択肢1のヒストグラムより最頻値は28回なので,選択肢56のヒストグラムのうち,あてはまるのは選択肢6のみ。よって,3年生のヒストグラムは選択肢6である。

    (イ)(i) 1  (ii) 6

国語

今年度は,昨年度と変わらず大問5題,小問30題の構成でしたが,出題分野の順番が入れ替わったほか,これまで問一にあった文法や,近年出題のなかった四字熟語の問題が,論説文の問題の一部として出題されました。また,漢字の読みや本文からの書き抜き問題などの記述形式の問題が減少しました。

問一は,漢字の読み書き,短歌の鑑賞。漢字の読みが選択式になり,「寸暇」など,使い慣れない言葉が出題されました。韻文は短歌の鑑賞で,配点が2点から4点に増えました。

問二は小説文。近年出題が多かった江戸・明治時代の文章ではなく,現代を舞台とし,高校生が主人公という読みやすいものでした。心情を問う問題が中心で,場面ごとにそれぞれの登場人物の心情を正確に読み取る必要がありました。

問三は論説文。言語とはどのようなものかということについて述べた文章で,一般論と筆者の主張,引用文についての筆者の考えを読み分けることが求められ,読みづらいと感じた受験生もいたでしょう。(イ)の「ない」の識別の問題と,(ウ)の四字熟語の問題は平易なものでしたが,(ク)や(ケ)は,文章と選択肢を細かく見比べる必要があり,難度が高かったかもしれません。

問四は古文。鎌倉時代中期の説話,『十訓抄』からの出題でした。一人の登場人物に対し複数の呼び方があり,だれがどんな行動をしたのかをきちんと見極めることが得点する鍵でした。

問五は話し合いの場面と資料の読み取り問題。(イ)は話し合いの内容と資料を参考に20~30字でまとめる問題でした。指定語句がなくなったため,資料と話し合いを見比べて自分で適切な言葉を選ぶ必要があり,難しいと感じた受験生もいたかもしれません。

kanagawa_ja_2022.png

問題解説(問三:論説文の読解)

  • (ア)

    A:第2段落で「その記号が・・・・・・『道具』であり、・・・・・・『手段』であることは否定できない」と並列で書かれています。このことから、「道具」について述べられた第3段落と「手段」について述べられた第4段落には、同じようなことが書かれていると考えられます。「また」が最適です。

    B:空欄Bの直後に、前の段落の内容を指して「そういうレベルの話ではありません」と書かれていることから、逆接「しかし」が最適です。

  • (イ)

    本文の波線部と選択肢1は助動詞です。選択肢2と4は直前で文節を切ることができるため、自立語(形容詞)です。選択肢3は形容詞「少ない」の一部です。

  • (ウ)

     「一石二鳥」は一度の行動で同時に二つの利益を得るという意味で、「一挙両得」が類義語です。「三寒四温」は、寒い日が約3日続いた後に、暖かい日が約4日続くことを指します。「千載一遇」は、千年に一度しかないようなチャンスという意味です。

  • (エ)

    第3段落最後の一文「このように」以下で、道具についての説明がまとめられています。

  • (オ)

    傍線2とその直後が、一般的な言語観の説明です。第8段落2行目~5行目の「すると・・・・・・なります。」が、選択肢2の「一般的な言語観・・・・・・なるが」と合い、第8段落5行目~6行目「はたして・・・・・・筆者は考えます。」が、選択肢2の「やり取りの実態は異なる」と合います。

  • (カ)

    傍線3は、直前の「彼は」から、時枝氏の考えだと分かります。第13段落2行目~4行目「いったん言語を・・・・・・ようです。」が、選択肢1に当てはまります。なお、「ないがしろ」は、「(無くても同じかのように)軽く見る。」、「危惧」は「心配する。おそれる。」という意味です。

  • (キ)
    傍線4を含む第15段落は「この説では」で始まるように、時枝氏の論を説明しています。概略(第11段落と第12段落の間の二字下がっている文章)の3行目~5行目「聞き手は、話し手とは・・・・・・はじめて言語が成立する。」の部分が選択肢1の「言語は・・・・・・成立するため」と合います。また、傍線4やその後の「そうだとすれば・・・・・・ゆだねられている」の部分が、選択肢1の「聞き手も・・・・・・存在である」と合います。
  • (ク)
    傍線5の直前に「だからこそ」とあることから、理由はその前に書かれていると考えられます。傍線5を含む第19段落1行目~2行目「したがって・・・・・・意味を持っています。」の部分が選択肢3後半の「どのような表現を・・・・・・理解されているから」と合います。選択肢3前半の「言葉は多義性を内包している上に流動的な性質を持つ」の部分は、第16段落2行目~3行目「言葉が多義性や不安定性をもともと持つ」と合っているといえるでしょう。
  • (ケ)

    それぞれの選択肢を短く区切って本文との正誤を照らし合せると確実でしょう。選択肢2の「常識とされている言語観に疑問を投げかけ」は、筆者が第1・2段落で「ふつう私たちがとっている言語観」について述べ、第3・4段落で道具・手段の説明をして、第5段落~第10段落で疑問を投げかけていることと合います。「国語学者の論理を用いて」は、第11段落以降、時枝氏(「国語学者」という注が付されている)の論理を用いていることと合います。「多くの会話が・・・・・・導き出し」は、第17段落で「多くの日常会話が・・・・・・の交錯を無意識に目標にしている」と述べていることと合います。そして、「言葉は・・・・・・論じている」は、第20段落の「言葉は・・・・・・思想表出そのものなのです」と合います。

理科

大問構成,分野ごとの配点は変わりませんでした。単純な知識や暗記だけではなく,原理・原則から事象を理解しているのかを問われる問題が多く,実験結果を比較し,考察する必要がありました。

【物理分野】 音の伝わり方,回路と抵抗,凸レンズ,力学的エネルギーからの出題でした。凸レンズの問題では,見え方よりも実験結果からの考察が多く問われました。

【化学分野】 状態変化と粒子,化学反応式の係数合わせ,イオン化傾向とダニエル電池の問題でした。ダニエル電池では各極でどのような反応が起きているのか,理解している必要がありました。

【生物分野】 細胞分裂,食物連鎖,対照実験についての出題でした。光合成に関する対照実験では,どの実験結果を比較すればよいかを選択するという問題が出題されました。消化に関する問題では,仮説が正しいか判断するために必要な実験を選択するといった,より思考力の問われる問題が出題されました。

【地学分野】 低気圧の通過と風向,地層のできかた,日周運動と年周運動,星座が見える地域と高度についてが出題されました。緯度・経度が異なることで高度がどう変化するのか,単純な暗記だけではなく,原理を理解した上で思考力を問われる問題が出題されました。

kanagawa_sc_2022.png

問題解説(問5:物理分野 凸レンズ)

  • (ア) 
    図3の凸レンズより右側で1点に集まる光を選ぶ問題。物体のある1点から出た光は,凸レンズを通り,1点に集まったところで像を結ぶ。この1点は,実像の作図をしたときに光が交わる点と一致する。②から⑥までの光がレンズを通り,屈折してこの1点を通る。よって正答は「2」になる。
  • (イ)
    「凸レンズと物体との距離」と,「凸レンズとスクリーンとの距離」が一致しているとき,その距離は焦点距離の2倍となっている。図2点Cより,凸レンズと物体との距離が40cmのとき,凸レンズとスクリーンとの距離も40cmなので,焦点距離はその半分である20cmとなる。よって正答は「2」になる。
  • (ウ)

    (i) スクリーンに映った像の大きさが物体の大きさよりも小さくなるのは,「凸レンズと物体との距離>凸レンズとスクリーンとの距離」となるときである。その条件を満たすのは,図2の点Cよりも右下のエリアであるD,E,F,G。

    (ii) スクリーンに映った像は実像なので,物体と上下左右が逆向きになる。よって正答は「4」になる。

  • (エ)

    (i) 焦点より内側に物体を置いているので,見えるのは虚像。虚像は物体よりも大きく,物体と同じ向きの像なので「1」を選ぶ。

    (ii) 以下の図のように,焦点より内側に物体を置いたとき,凸レンズの軸に平行な光と凸レンズの中心を通る光は,凸レンズを通ったあと,互いの距離が離れていくため1点には集まらない。また,凸レンズと物体との距離が5cmのときの像は,距離が15cmのときの像と比べて小さくなるので,(ii)は「4」が正答。

    kanagawa_sc_2022_5.png

社会

大問は三分野総合問題を含む7題で、設問数は32題とほぼ例年通りでしたが、記述形式で答える問題が1題もなく、すべて選択形式の問題となりました。

問1は世界地理。(ア)ではある地点に対して、地球の中心を通った反対側の地点の緯度と経度を問う問題が5年ぶりに出題され、(エ)では農作物から地域(州)を考えさせる問題が出題されました。

問2は日本地理。4題中3題は資料や地形図を読み取るだけでも答えを出すことができました。資料と知識がうまく組み合えばより速く、そして正確に解くことができました。

問3は近世までの歴史、問4は近代以降の歴史。選択肢や資料からキーワードを探し、答えを考えることは変わりませんでしたが、問3(エ)の問題では下線が「宗門改」といった具体的な時期をなかなか覚えづらいものに引かれ、選択肢も外国との関わりであったことから悩まされたかもしれません。問4(イ)の風刺画の内容について答える問題は新しい出題パターンでした。

問5、問6は公民。大問2題で設問は9題と少ないですが、各題で問われる知識は幅広く、例えば問5(イ)では下線が「貨幣(通貨)」に引かれていますが、必要とされている知識は「消費・流通」、「価格・物価」、「金融」、「為替」と多岐にわたり、「政治」、「経済」、「国際社会」の各単元の知識を正確に身につけている必要がありました。

問7は三分野総合問題。各分野の基礎的な知識があれば得点できる内容でした。

全体を通して資料を見て考える問題が多く、知識は言葉だけではなく、教科書や資料集を確認しながら覚えていく必要があります。さまざまな資料を速く正確に読み取り、読み取った情報を正しく活用するためには、実際に多くの問題を解き、経験を積むことが必要です。

kanagawa_soc_2022.png

問題解説

  • 問1(ア) 世界地理 緯度と経度

    空欄[あ]は本初子午線を問う問題でしたので、イギリスのロンドンを通っているpを選びましょう。空欄[い]は地球の反対側の緯度と経度を問う問題でした。緯線sと経線qの交わる点は南緯30度、東経30度です。地球の反対側の地点は、緯度は北緯・南緯を逆転させ、緯度の高さは変わらないため、この問題では北緯30度となります。経度は東経・西経を逆転させ、180から基準となる地点の経度を引いた値となります。この問題では基準となる地点が東経のため、180-30=西経150度となり、正解は2となります。

  • 問2(ア)日本地理 産業の分類と資料の読み取り

    1次産業に分類される産業と、資料から読み取れることを選ぶ問題でした。第1次産業は直接自然に関わる農林水産業が該当します。なお、第2次産業は鉄鉱業や建設業などの、採掘や原材料を加工する産業、第3次産業は第1次、第2次以外の、サービス業などの産業が分類されます。

    今回の資料で、第2次産業の就業者の「割合」が最大の県は富山県ですが、選択肢aでは「就業者数」について書かれています。県全体の就業者数と割合から計算して求めましょう。ただし今回は、第2次産業の就業者の割合が同じ程度で全体の就業者数が富山県より多い県が静岡県や愛知県など、いくつかあるため、細かい計算をせずとも富山県の第2次産業就業者数が最大でないことがわかります。
    また、第3次産業は各県で65%前後となっているため、各県の就業者数を概算して求めると、約(120+60+60+40+40+110+110+190+410)万人×65%=741万人 となり、bの選択肢が正しいことがわかりますので、正解は6となります。

  • 問3(オ)近代以前の歴史 中世の日本の様子

    資料に描かれている一遍から鎌倉時代であることがわかります。資料とXの選択肢で布について触れられていますが、Xは「成人男性」が「布や特産物を自ら都に運」ぶ様子とあるように、飛鳥・奈良時代頃の律令制度における、庸・調の説明です。Yの選択肢に書かれている定期市は、鎌倉時代には月3回、室町時代には月6回になりました。Zの選択肢に書かれている「藩」は江戸時代のものです。

    また、aの選択肢に書かれている禅宗は座禅によって悟りを得る仏教の考え方で、栄西の臨済宗や道元の曹洞宗などが該当します。一遍の時宗や、浄土宗などと同じ鎌倉時代に日本に伝わりました。bの選択肢の検地や兵農分離は、安土桃山時代に豊臣秀吉が進めた政策ですので、正解は3となります。

  • 問4(イ)近代以降の歴史 正誤問題

    資料の風刺画は日清戦争のころに、日本・中国・ロシアが朝鮮半島の利権を狙っている国際情勢を描いたものです。服装から資料中のアが日本、イが中国を表していることがわかります。また、橋の上の人物はロシアを表し、朝鮮半島は三人に釣られそうな魚として描かれています。よって正解は2となります。

    この風刺画に描かれた状況のあと、甲午農民戦争をきっかけとして起こった日清戦争で日本は清を破りました。講和条約として下関条約を結び、賠償金のほか遼東半島などが割譲されましたが、ロシアがドイツ、フランスとともに三国干渉をしたことで、遼東半島を中国に返還しました。これによりロシアに敵対する世論が高まり、日露戦争へと発展していきました。

入試で合格をつかむためには、まず調査書の内申点をとれるように中学校の定期テストできっちり点数をとり、宿題や課題などの提出もしっかりとおこなっていき、前向きな姿勢で中学校の授業に取り組む必要があります。臨海セミナーでは常にその重要性について伝えながら学習指導にあたってまいります。 また、通常授業・宿題管理・小テスト管理・進路指導・進路情報提供・入試対策においても、できる限りの応援をさせていただきます。

入試で合格を勝ち取ることができるよう、志望校合格に向けて、懸命に指導にあたらせていただきます。十分な情報と入試に出題される内容を的確におさえた授業、なおかつ生徒のやる気を引き出す授業を展開し、生徒の志望校合格という一つの夢の実現を目指してまいります。

臨海セミナーの無料公開模試、受付中!!

臨海の模試を無料で自宅受験できます! 科目横断型の観点別評価で、「本当の弱点」が分かります!!