千葉県公立高校入試

令和6年度 千葉県公立高校入試日程

(1)一般入学者選抜、特別入学者選抜、地域連携アクティブスクールの入学者選抜及び通信制の課程の一期入学者選抜
入学願書等提出期間 郵送による出願※1
令和6年 2月1日(木)・2日(金)・5日(月)

持参による出願:
令和6年 2月6日(火)・7日(水)・8日(木)

インターネット出願・書類郵送※2
令和6年 2月6日(火)・7日(水)・8日(木)
志願又は希望の変更受付期間 令和6年 2月14日(水)・15日(木)
学力検査等の期日 令和6年 2月20日(火)・21日(水)
追検査受付期間 令和6年 2月26日(月)・27日(火)
追検査の期日 令和6年 2月29日(木)
入学許可候補者発表の期日 令和6年 3月4日(月)
※1 上記日程を配達指定日とすること。
※2 出願登録・入学検査料納付期間は令和6年1月16日(火)~2月5日(月)まで。書類郵送はできる限り2月6日(火)指定とすること。令和6年度入試におけるインターネット出願対象校は県立12校(千葉・千葉東・船橋・東葛飾・柏・佐倉・佐原・匝瑳・成東・長生・安房・木更津)及び市立3校(千葉・稲毛・柏)の計15校の全日制課程。

(2)第2次募集(地域連携アクティブスクールを含む)及び通信制の課程の二期入学者選抜
入学願書等提出期日 令和6年 3月7日(木)
志願又は希望の変更受付期日 令和6年 3月8日(金)
検査の期日 令和6年 3月12日(火)
入学許可候補者発表の期日 令和6年 3月14日(木)
※ インターネット出願対象校が第2次募集を実施する場合の出願登録・入学検査料納付期間は令和6年3月4日(月)~3月6日(水)まで。

(3)定時制の課程の追加募集
検査の期日 令和6年 3月26日(火)・27日(水)

一般入学者選抜について

出願・学区について

全日制普通科には通学区域があります。
・自分の住んでいる学区と隣接する学区にある高校の中から1校を志望可能。
・専門学科・総合学科は学区制限がなく、全学区から受験可能。
・千葉女子高校、木更津東高校は全学区から受験可能。

◇出願可能な学区一覧(県立の全日制普通科)
学区

該当する地域

出願可能学区
第1学区

千葉市

第1・2・4・6・7・9学区
第2学区 市川市・船橋市・松戸市・習志野市
八千代市・浦安市
第1・2・3・4学区
第3学区 野田市・柏市・流山市・我孫子市
鎌ヶ谷市
第2・3・4学区
第4学区 成田市・佐倉市・四街道市・八街市
印西市・白井市・富里市・酒々井町・栄町
第1・2・3・4・5・6学区
第5学区 銚子市・香取市・匝瑳市・旭市
神崎町・東庄町・多古町
第4・5・6学区
第6学区 東金市・山武市・大網白里市
九十九里町・横芝光町
芝山町         
第1・4・5・6・7学区
第7学区 茂原市・勝浦市・いすみ市・長柄町
長南町・睦沢町・一宮町・白子町
長生村・大多喜町・御宿町
第1・6・7・8・9学区
第8学区 館山市・鴨川市・南房総市・鋸南町 第7・8・9学区
第9学区 木更津市・市原市・君津市・富津市
袖ヶ浦市
第1・7・8・9学区
◇出願可能な学区一覧(市立の高校)
出願可能地域(普通科) 出願可能地域(他)
千葉市立 千葉市内 理数科・国際教養科:県内全域
習志野市立 県立に準ずる地域
(第1・2・3・4学区)
商業科:県内全域
船橋市立 県立に準ずる地域
(第1・2・3・4学区)
商業科・体育科:県内全域
松戸市立 県立に準ずる地域
(第1・2・3・4学区)
国際人文科:県内全域
柏市立 県立に準ずる地域
(第2・3・4学区)
スポーツ科学科:県内全域
銚子市立 県立に準ずる地域
(第4・5・6学区)
理数科:第4・5・6学区

志願変更について

志願変更期間中1回に限り、出願した高校への志願を取り消して、新たに別の高校に出願することができます。

学力検査について

一般選抜では、5教科の学力検査を2日に分けて実施します。
・第1日に3教科(国語・数学・英語)、第2日に2教科(理科・社会)を実施。
・試験時間は英語のみ60分、他の教科は50分。
・国語には聞き取り検査、英語にはリスニングテストが含まれます。
・原則、各教科100点満点×5=500点満点ですが、理数に関する学科(くくり募集を除く)と国際関係に関する学科では傾斜配点(理数科は数学・理科、国際科は英語を1.5倍または2倍)の採用も可能です。該当の高校では、学力検査の満点が550~700点となります。
※2024年度入試より、選択問題はマークシート方式での回答に変更となります。

調査書について

①調査書の評定
9教科×5段階×3学年=135点満点となり、この値に各校が定めた「K」の数値を乗じた数値が選抜に用いられます。
Kの数値は原則として1ですが、各高校がその特色に応じ0.5~2の範囲内で設定することができます。
尚、令和3年度入試から中学校ごとの評定平均値による補正(算式1:X+a-m)は廃止されています。
 
②調査書の特記事項
調査書の評定以外の項目について、特別活動・部活動の実績・各種検定等を各高校がその特色に応じ0~50点の範囲で評価します。

学校設定検査について

第2日の学力検査終了後に、各校独自の検査(学校設定検査)が実施されます。
・面接・集団討論・自己表現・作文・小論文・適性検査・学校独自問題による検査・その他の検査のうちからいずれか一つ以上、各高校が選んで実施。
・令和4年度入試より学校設定検査の「その他の検査」として「思考力を問う問題」が導入され、令和6年度入試では県立千葉高校・県立千葉東高校・県立東葛飾高校の3校が採択しています。
・学校設定検査の得点の配点は、各高校がその特色に応じて10~100点の範囲内で定めます(専門学科は10~200点)。なお学校設定検査を2つ以上実施する場合、学校設定検査の合計得点の上限が150点とされています。また、専門学科において適性検査を2つ以上実施する高校が、さらに面接を実施する場合には、面接の配点は50点を上限とし、学校設定検査の合計得点は200点が上限となります。ただし、市立の高校の場合には、上記の上限と異なる設定をする場合があります。なお、「思考力を問う問題」の配点は100点と規定されました。

一般選抜の選抜方法

下記①~④の得点を合計した総得点に基づき入学者を選抜します。

①学力検査…100点満点×5教科=500点満点(原則※)
②調査書(評定)…135点満点×K(各高校が定めた0.5以上2以下の数値)
③調査書(特記事項)…0~50点の範囲で各高校により検定などの記録を点数化。
④学校設定検査…10~150点(専門学科は10~200点)で配点。検査内容は各学校が決定。
※学力検査は、学校により教科ごと(英語・数学・理科)の配点に傾斜をかける場合があります。該当の高校では学力検査の満点が550~700点となります。
※志望理由書の提出が必要な学校の場合、上記資料に加えて志望理由書も選抜資料となります。

◇総得点の求め方の例(令和5年度入試の高校別配点の場合)

千葉高校 普通科
①学力検査…100点満点×5教科=500点満点
②調査書(評定)…135点満点×0.5=67.5点満点
③調査書(特記事項)…なし
④学校設定検査…その他の検査(思考力を問う問題)=100点
⇒千葉高校の場合③の調査書(特記事項)の加点はないので、①+②+④=667.5点満点となります。

船橋高校 理数科
①学力検査…(国英社100点満点)+(数理100満点×1.5=150点満点)=600点満点
②調査書(評定)…135点満点×0.5=67.5点満点
③調査書(特記事項)…なし
④学校設定検査…作文=10点
⇒船橋高校の理数科の場合、③の調査書(特記事項)の加点はないので、①+②+④=677.5点満点となります。

八千代高校 普通科
①学力検査…100点満点×5教科=500点満点
②調査書(評定)…135点満点
③調査書(特記事項)…特別活動や部活動の記録=50点を上限に加点。
④学校設定検査…集団討論=40点
⇒八千代高校の普通科の場合、①+②+③+④=725満点となります。

2段階選抜について

各校は学校の特色を重視した2段階の選抜を行うこともできます。
2段階目の選抜を行う際に、調査書の評定と特記事項、学校設定検査について、それぞれ1段階目で算出した得点に係数を掛け、配点を変更できます。
2段階選抜を行う場合、2段階目の選抜枠は募集人員の20%以下という条件があります。

今後の変更予定について

千葉県公立高校で令和6年度以降に変更を予定している学校は下記の通りです。

■令和6年度
nyushi_chiba_c01_table01.png

■令和7年度
nyushi_chiba_c01_table02.png