nyushi_kohyo_osaka2023.png

英語

  • 一般選抜B

    出題傾向の分析

    A問題と共通のリスニングと、B問題として設定された読解や作文などに大きく分かれています。設問数は、リスニング問題が大問6問、小問総数8問で、読解・作文問題は大問2問、小問総数21問という問題構成でした。昨年度とは異なり、作文は独立した大問ではなく、読解問題の一部となりました。

    【リスニング問題】
    応答文を選択する問題、イラストや表を選択する問題など、昨年と同様の形式で出題されました。4問目は、会話文から日程に関する情報を整理する問題です。

    【読解・作文問題】
    大問1は会話文読解の問題です。大豆の発酵食品をテーマとして、日本の納豆とインドネシアのテンペという食品の特徴を比べるような内容でした。適語選択や語順整序、和文英訳といった表現や文法の知識を問う問題と合わせ、代名詞が指す内容を問う問題や本文の内容と一致した英文を選ぶ問題など、文章の内容を正確に理解しているかを問う問題も出題されました。

    大問2は長文読解の問題です。漆と金粉を用いた金継ぎという修復技法に関する内容でした。語順整序や和文英訳といった文法問題、英文を文脈に沿って適切な順に並べる問題、代名詞の指す内容を問う問題など、大問1と同じく、表現・文法の知識と読解力の両方が求められました。

    また、前述の通り条件英作文が大問2の中に組み込まれました。問題形式は昨年と同様に、対話文の空欄に合う文を書くものです。条件に沿って10語程度と20語程度の文を作りますが、10語程度の文は日本語で文の内容が与えられているので、それに沿って書くことができます。20語程度の文も前後のやり取りをふまえ、平易な文でもかまわないので、設問の内容に合ったミスのない文章を書きましょう。

    入試までに準備しておくこと

    リスニング問題に向けては、疑問詞とその答え方や、基本的な会話表現は必ず身につけておきましょう。普段から、教科書の音声などで聞き取りの練習をしておきましょう。入試に向けて練習する段階では、過去問などの問題の音声を使用して、会話文や発表の聞き取りを練習するのが有効です。

    筆記問題では総合的な力が問われます。内容一致や本文の内容に関する英問英答のように与えられた文章全体に関わる問題も出題されるので、教科書に載っている語数の多い文章を活用しましょう。

    一般選抜B

  • 一般選抜C リスニング

    出題傾向の分析

    英語C問題のリスニングは、Part A・Part B・Part Cの3つのパートに大きく分かれています。設問の説明を含めて、すべてが英語で放送されるほか、放送内容の要約を英語で書く問題が出題されたりするなど、難度が高いものです。

    Part Aは対話を聞き、その内容としてふさわしいものを選ぶ問題です。曜日や数に関する情報を正確に把握する力が問われる問題もあるため、簡易的なメモを取っておく必要がありました。

    Part Bは「学園祭で行う演劇を、どのようなスケジュールで作り上げ、またどのグループが当日演じるか」についての説明を聞き、その内容に関する質問の答えとしてふさわしい選択肢を選ぶ問題です。放送を聞きながら印字されている選択肢の内容を見ておくことで、時間を有効に使いましょう。ただし、Question2は放送された内容に対して正しくないものを選ぶ問題でしたので、「not」を聞き逃してしまうと正答を選ぶのが非常に難しくなりました。

    Part Cは、与えられた文章についての2人の対話を聞き、双方の意見を要約するという英文記述の問題です。今年度は「インターネット上で行われる英語に関するイベント」について話し合っている文章でした。放送される対話は非常に長く、対話を聞いた後に質問文が放送されるため、それぞれの意見を整理しながらメモを取る必要があります。また、問われているのは「インターネット上のイベント」の良い点でしたが、対話の途中では実際に海外に行った場合の良い点も言及されていました。語数制限はありませんが、限られた時間の中で聞き取った情報をもとに、質問に対する解答をわかりやすく正確に書き表すことが求められました。

    入試までに準備しておくこと

    C問題のリスニングは、全国的にみても非常に難度が高い問題となっています。英語の音声を正しく聞き取って理解する力だけでなく、聞き取った情報を正確に整理して表現する力が必要です。

    まずは過去問などを使用して、早い段階で英文を聞き取ることに慣れ、聞き取った情報をメモする練習をしておきましょう。これに加えて、対話の内容を要約する練習も必要です。はじめのうちは音声ではなく文字で書き表されている対話文を用いて、それぞれの登場人物の話や意見をまとめる練習をするとよいでしょう。

    臨海ではリスニング対策システムとしてELSTというアプリを導入しています。中学校の内容はもちろん大学受験レベルまで幅広く対応しています。C問題のように難度の高い問題への対応はなかなか自分だけで勉強しづらい部分も多いです。アプリなどもうまく活用することで学習を進めましょう。

    一般選抜C リスニング

  • 一般選抜C 筆記

    出題傾向の分析

    C問題の筆記問題は大問6問、小問総数26問の構成です。今年度も設問文が英語で書かれており、問われていることを正確に理解する必要がありました。30分という試験時間で解答する必要があるため、優先して解く問題の取捨選択と英文をすばやく読み取る力が求められました。

    大問1は適語句選択です。原形不定詞に関係代名詞の省略が組み合わさった(2)のように、複雑な構造の文を組み立てる必要があります。4つの選択肢から選ぶため、文法的に成立しないものや、日本語に訳したときに意味が通らなくなるものを除外するなどして、スピーディに解き進めましょう。

    大問2~5は英文や資料を見て答える問題です。それぞれの英文はそれほど長くありませんが、内容一致や文整序といった英文の内容を正確に理解して解答する問題もあり、時間配分には十分注意する必要があります。大問2は他の設問と比べて英文が短いですが、表の内容もふまえて考える必要があります。

    大問6は条件英作文の問題です。今年度は、読書が人生においてどのように我々に役立つかについて、自分の意見と自分の経験や具体例、なぜそう考えるのかを書く問題でした。語数や文の数は指定されていませんが、問われていることに対する意見をわかりやすく、まとまった分量の英文で表現する必要があります。

    入試までに準備しておくこと

    文法、文章読解、英作文など総合的な力を高いレベルで問われる問題です。設問文が英語で書かれているものの、問題自体は一般的なものばかりなので、過去問や他の都道府県の入試問題で似た形式の問題を多く解くことが点数アップにつながります。文法問題では複数の文法を用いた複雑な文を成立させる問題が多く、文法事項はもれなく学習しておく必要があります。また、文章を読み解く問題が多く出題されるため、英文を速く正確に読むことが求められます。その中でもより高い語彙力が求められるので、『大阪版中学校で学ぶ英単語集』に掲載されている単語や表現は必ず身につけましょう。条件英作文はテーマに沿った内容を思い浮かべられるか、ミスを減らすために英訳しやすい表現で文を作ることができるかなどに注意しながら数多く問題を解いて、英文を書く力をつけていきましょう。

    一般選抜C 筆記

数学

  • 一般選抜B

    出題傾向の分析

    大問4題、総設問数24題でした。

    大問1は計算問題5題でしっかり得点しなくてはならないでしょう。計算もきちんと特訓しておきましょう。

    大問2は小問集合で方程式や関数と図形、確率、箱ひげ図などの出題でした。変化の割合は反比例を用いたもので、きちんと意味を理解しているかが試されました。関数と図形の問題は放物線の対称性を利用した問題でした。

    大問3は加湿器の水の蒸発量をもとにした問題でした。水の蒸発量が時間に比例すると仮定して、強モード、弱モードそれぞれの蒸発量が与えられた状態で問題が始まったので、落ち着いて解いていくことができたと思われます。

    大問4[Ⅰ]は長方形と二等辺三角形を組み合わせた平面図形の問題でした。相似の証明は平行線や角の和を利用して示すことができました。線分の長さは証明した図形の利用と二等辺三角形の利用で求めることができました。きちんと等しい長さや平行線、平行線の同位角などに印をつけていくと見つけやすかったと思われます。大問4[Ⅱ]は空間図形でした。ねじれの位置の出題がありましたが、選択肢を順に確認することで自信を持って答えられたと思われます。線分の長さは、求める部分の長さを文字でおき三角形の相似比を利用して解く問題でした。体積を求める問題でも先に求めた線分や相似比をそのまま利用するものでした。線分の長さが求められないと体積も求められず2題を失点することになりました。

    入試までに準備しておくこと

    教科書の問題を漏らすことなく演習し、技能の再確認を行いましょう。平面図形や空間図形は、比較的難度の高い問題が数問出題されます。図形の特徴を理解し、適切な解法を短時間で選ばなくてはなりません。そのため、知識・技能を活用する力を身につけてから、過去問の演習を行うと効果的です。できなかった単元は入試対策問題集で復習することを繰り返し、克服していきましょう。

    一般選抜B

  • 一般選抜C

    出題傾向の分析

    問題数は昨年度同様に大問3題で総設問数は17題でした。

    大問1は計算問題の他に、方程式、関数の変域、確率、数に関する問題、関数のグラフの問題がありました。

    数に関する問題は、2桁の数を表す式をつくり、与えられた式と組み合わせて解き、関数とグラフでは座標を文字でおき方程式を作って解く問題でした。例年に比べ、解法がはっきりとらえやすい問題で多くの受験生がしっかりと得点できたと思われます。逆に大問1での失点はしてはならないレベルでした。

    大問2はひし形を利用した平面図形の問題で、図形の証明、線分の長さを求める問題でした。証明で示した直角三角形や平行線を利用した相似な図形に気がつけばすぐに解法も見つけ出せたと思われます。

    大問3は空間図形の問題でした。立体の形がこれまでに見たことがないようなものでした。側面の台形が4つすべて合同ではなく、2組の合同な等脚台形で作られたものでした。そのため長さの取り出し方が難しく感じたものと思われます。また、単純な比で計算を済ませてしまった受験生もいるのではないかと思われます。逆に、最後の設問の体積の方が求めやすかったでしょう。

    入試までに準備しておくこと

    直近3年間は以前に比べて解きやすい問題が多くありました。問題の設定から解法を判断しやすく、あまり手を止めることなく進められるものでした。大阪入試の空間図形のような難度の高い問題で確実に得点するために、模擬試験や入試過去問を使って、さまざまな解法や考え方に触れることは有効な対策となります。より短時間に、確実な解法を選択できる判断力を磨きましょう。また、中学校3年間で学習する全てが試験範囲となるため、複合的な問題の出題も少なくありません。近年の出題領域・傾向にとらわれず、万遍なく学習をしましょう。

    一般選抜C

国語

  • 一般選抜B

    出題傾向の分析

    大問一は論説文。未来を考えるうえで必要な力や考え方についての文章でした。問2bは本文中のことばを使って、指定字数以内で簡潔に答える力が必要でした。解答に必要な部分を短くまとめるのに苦労したかもしれません。

    大問二は古典(古文の読解)。評論だったためやや難しく、古文を読み慣れているかどうかで差がついたでしょう。問1bは文章内容の理解が必要なうえ、現代のことばでまとめる必要があったため、難度は高かったでしょう。

    大問三は漢字と返り点。漢字は例年通り、読みは中学生まで、書きは小学生までに習った漢字が出題されました。

    大問四は随筆文。和本についての文章でした。問3aの記述問題は、筆者が理解した内容を、空欄の前後と繋がるよう整理するのが大変だったでしょう。

    大問五は作文。字数は例年通り260字以内で、配点は今年も18点でした。アンケート結果を参考に、「国語は乱れていると思うか」という質問に対する自分の意見を、理由とともに書くものでした。

    入試までに準備しておくこと

    B問題では、中学校までに学習したことが総合的に問われます。漢字は、小中学校で学習したものの復習を行いましょう。論説文では段落ごとの内容を把握し、指示語や接続語に気をつけながら読む練習を重ねることが大切です。記述問題も多いため、ただ読むだけではなく、段落ごとの要旨をつかみ、文章中の言葉を使ってまとめていく練習が必要です。古典については、「誰が何をしたのか」を把握しながら読むために、古文単語や基礎的な文法も覚えておくと、よりスムーズに読解ができます。漢文が出題されることもあるので、返り点などの知識も身につけておきましょう。作文は、自分の考えだけでなく、異なる立場の意見を考える力も求められることがあります。与えられた設問に対して、他の人はどんな意見を述べるかも想定し、それに対して自分が文章の中で何を主張するかを明確にする練習を行いましょう。また、論説文を読んだときに筆者の主張と自分の意見が同じか異なるか、その理由も考えながら読むことも練習になります。50分という短い時間の中で現代文二つと古典の読解問題を解き、260字の作文も書く必要があるので、時間配分を意識して、作文を書く時間を確保することも重要です。作文は実際に書くことが上達につながります。

    osaka_nyushi-kohyo_2023_ja01_rev.png

  • 一般選抜C

    出題傾向の分析

    大問一は芭蕉の句についての文章。問1aは空欄の前後とつながるように本文で筆者が述べている内容を45~55字で過不足なくまとめる問題が含まれました。

    大問二は古典。今年は古文の読解でした。問1・2は文脈からも推測できますが、「いかなる」や助動詞「らむ」の意味を知っていれば自信を持って答えられました。問3bは筆者の考えを20~30字で記述する問題でした。

    大問三は漢字・返り点。漢字の読みは中学校までに習う漢字、書きは小学校で習う漢字でした。

    大問四は「空間」についての文章。問3では3年ぶりに80〜95字にものぼる記述問題が出題され、過去問の演習量で差がついたかもしれません。

    大問五は作文。「美しさを感じる言葉」について300字以内で自分の考えを述べるものでした。

    大問一~三の記述問題のうち、本文から読み取ったことをまとめるものは、昨年の合計90字に対して今年は合計180字もあり、試験全体の時間配分に苦戦した受験者もいたかもしれません。

    入試までに準備しておくこと

    C問題では発展的なことが問われます。B問題に比べ、文章内容の難度が高く、記述問題や作文の字数が多くて配点も大きいことが特徴です。漢字は小中学校で学習したものを復習しましょう。論説文では段落ごとの内容を把握し、指示語や接続語に気をつけながら読む練習を重ねることが大切です。記述問題や文章全体の内容に関する設問もあるため、ただ読むだけではなく、段落ごとの要旨と全体の要旨をつかみ、文章中の言葉を使ってまとめていく練習が必要です。古典については、古文単語や漢文の読み方、文法も覚えるようにすると、速く正確に読解できるでしょう。文章内容を現代語でまとめる設問も出題されているため、古典は大まかでもよいので現代語訳できるようにしておきましょう。作文は自分の考えを書く力が求められます。日頃から資料を用いたさまざまな文章に触れておくことや、実際に文章を書くことが上達につながります。また、論説文を読んだときに筆者の主張と自分の意見が同じなのか異なるのかを考えることも、練習になります。50分という短い時間の中で論説文等を二つと古典を読み、300字もの作文も書く必要があります。作文を書く時間を確保するためにも、全体的に書くスピードを上げることも重要です。

    osaka_nyushi-kohyo_2023_ja02.png

理科

出題傾向の分析

【大問1 生物分野】「みそ」をテーマにした内容で、植物のつくりと分類、微生物のはたらきなどが問われました。コウジカビと酵母菌のはたらきを比較する実験は指示薬の反応をもとに考察していく対照実験をしっかり活用した良問でした。他に、顕微鏡の倍率と視野をもとにした対象物の大きさの比が問われました。

【大問2 物理分野】ルーペやカメラに用いられる凸レンズを利用した実験などの問題でした。光の進み方や焦点距離を問うだけではなく、実験結果から倍率を考察する問題もありました。ワークや定期テストでも頻出の凸レンズの半分を黒い紙で覆ったときの結果を問う問題も出題されました。

【大問3 地学分野】季節による気温の変化を考えていく問題。地軸の傾きが変化したときの日の出・日の入りの時刻や南中高度の変化を考える問題や、太陽の光を受ける面の角度と受け取るエネルギーを考える問題があり、深く考えたり、経験の少ない計算をしたりすることがありました。

【大問4 化学分野】金属の性質と酸素との反応についての問題でした。気体の発生や質量、化学反応式など頻出の問題が並びました。ただ、同体積に含まれるマグネシウム原子、銅原子それぞれの個数の比の問題がありました。酸素の質量に着目できると解くことができましたが、金属についての情報が多くあるために迷ってしまい、うまく正答にたどりつけなかった受験生もいたのではないでしょうか。

入試までに準備しておくこと

最近の傾向として、実験結果、資料、会話文中のことばから考察、推測する問題が増えてきています。そういった問題に対応するためには、知識の定着だけでは不十分です。知識を覚え、理解し、定期テストから入試レベルの実戦的な問題を順に解きながら解法を理解していくという流れが重要です。その過程で、実験結果からの読み取りや考察する力を身につけていくようにしましょう。

理科

社会

出題傾向の分析

大問数は4つ、総出題数は40題で、昨年度と同程度でした。語句の記述問題で漢字指定が多いことや、複雑な資料の読み取りが含まれている点が特徴的です。

大問1は地理分野の問題です。設問は基礎的な知識を問うものが多いです。(1)①(c)はオーストラリアで採れる資源を答える問題です。単純に産出量が多いものを覚えているだけでなく、それが大陸のどの地域で主に産出されるかまで覚えておく必要がありました。

大問2は公民分野の総合問題です。(4)②は国と地方の歳出額の割合に関するグラフを用いた問題です。縦軸、横軸それぞれ別の割合を示しており、あまり見慣れない形式の資料でした。

大問3は地理・歴史・公民分野の問題です。(3)③は公開市場操作を説明する記述問題です。用語を覚えるだけではなく、具体的な景気への影響を理解しているかが問われました。

大問4は歴史分野の問題です。(3)②(b)は15世紀の世界のようすを選ぶ問題でした。細かい年号までは覚えていなくても、何世紀の前半か後半かまでは整理しておくとよいでしょう。

入試までに準備しておくこと

試験時間に対する設問数は比較的多く、資料の読み取り問題や記述問題も出題されていることから、問題を解く際に時間配分やペースを意識する必要があります。記述問題や資料の読み取り問題であっても時間をかけすぎないよう、普段から時間を計って速く解くことを心がけるとよいでしょう。

ただ用語を覚えるだけでは通用しない問題も増えています。用語を覚える際は、教科書に掲載されている地図やグラフといった、その語句に関連する情報も確認することを意識すると、より効果的でしょう。

社会

入試で合格をつかむためには、まず調査書の内申点をとれるように中学校の定期テストできっちり点数をとり、宿題や課題などの提出もしっかりとおこなっていき、前向きな姿勢で中学校の授業に取り組む必要があります。臨海セミナーでは常にその重要性について伝えながら学習指導にあたってまいります。 また、通常授業・宿題管理・小テスト管理・進路指導・進路情報提供・入試対策においても、できる限りの応援をさせていただきます。

入試で合格を勝ち取ることができるよう、志望校合格に向けて、懸命に指導にあたらせていただきます。十分な情報と入試に出題される内容を的確におさえた授業、なおかつ生徒のやる気を引き出す授業を展開し、生徒の志望校合格という一つの夢の実現を目指してまいります。