塾・学習塾・進学塾の臨海セミナー

小学部
小学5年生について

塾・学習塾・進学塾の臨海セミナー

MENU

小学5年生について

POINT1目標を立て夢の実現へ

目標がある子と、目標がない子の学習成果の差は歴然。
将来の夢の実現のために、とまではいかなくても、「次は自己最高の80点以上は取りたい」といった身近な目標でも構いません。

机に向かうだけでは効果が現れにくくなってくるのは、単に学習内容が難化する高学年だからという理由だけではないと臨海セミナーは考えます。

目標を立て、計画し、実行する。
夢の実現のために考える姿勢を大切にしたいものです。

POINT2真の学力を手にするために

テストは時間との勝負。

正答にたどり着くための方法と、かける時間はなるべく効率的な方がよいのですが、本質の理解なくして身に付けた学力はとても弱いもの。「この問題のパターンはかけ算、あの問題は割り算」などとついやりがちですが、中学・高校生になってからも使える真の学力を手にすることができるかどうかが決まるのはこの学年です。

小学5年生のめやす

臨海セミナーが考える、その学年終了までに学習習慣と内容面で生徒に到達してほしい目標です。この目標をカリキュラムに組み込み、生徒が学習習慣も学習内容も自然と身につけられるように工夫しています。

各科目共通

  • 決まった時間に自分から机に向かうことができる。
  • 宿題の予定を見ながら自分で勉強することができる。
  • 時間を計って各教科の学習をすることができる。
  • 解答を見ながら自分で丸付けをし、間違えた問題を赤ペンで解き直すことができる。
  • 工夫された見やすいノートを作ることができる。

国語

  • 書き順、とめ、はね、はらい、に気をつけて漢練練習をし、漢字練習の後に、自分でテストをすることができる。
  • 抑揚をつけ、句読点で区切りながら音読・朗読ができる。
  • 文章の要旨をとらえ、事実と感想・意見などとの関係を理解しながら読み進めることができる。
  • 登場人物の相互関係や心情、場面についての描写をとらえ、自分の考えをまとめることができる。

算数

  • 割合を日常生活の中で使うことができる。
  • コンパスや定規などを使って差作図できる。
  • 空間図形の構成(立方体や直方体の組み合わせ)を考え、立方体や直方体に分解することができる。
  • 早く正確に問題を解く姿勢がある

理・社

  • 身の周りの生活に関わる理科・社会的事象に興味・関心が持てる。
  • 理科、社会のテストを自分で行うことで重要語句の暗記を行うことができる。
  • 資料を見て、何を表すものなのかが分かり、そこから課題や問題点を読み取ることができる。

英語

  • 4本線に合わせて、正しくアルファベットを書くことができる。
  • 授業で学習した単語を自分で練習し、テストすることができる。

臨海の小学生英語は、「聞く」「話す」「読む」「書く」 をわかりやすく指導します!!
小学校の学習内容に対応し、中学校に向けた英語の基礎作りをします。

小学生英語

高校入試で活きる語彙力・計算力を小学生のうちに身につけます。

ごいトレ・けいトレ

小学部のイベント一覧へ