lp_ayanayui_top.png 大森家の母・綾菜、父・雄斗、そして小学2年生の結衣
小学校の学習理解には困っていないいつも宿題は後回しで、遊ぶことが最優先の結衣に悩んでいる綾菜。
同じマンションの小2の蒼真くんはもう塾通いしているし、小5の咲ちゃんは優秀だし。そもそも中学受験の塾って何年生からが良いのかしら……? 220922_rinaki5_ページ_1_画像_0001.jpg 220922_rinaki5_ページ_2_画像_0001.jpg 220922_rinaki5_ページ_3_画像_0001.jpg lp_ayanayui_term1_title.png cj_shidou_stepup2020.png
子どもたちは、受験まで直線的に成長していくわけではありません。心身の発達に応じて、停滞と大きな成長を繰り返していきます。
小1 自分期①
  • 自分のことで完結
  • 善悪の判断をせず、他律的
小2 自分期②
  • 表面的には集団に同調するが「自分は特別」
  • 言語表現が発達し、文を話せるように
小3 仲間期
  • 他人を認め始める
  • 仲間を求める
小4 他人期
  • 自分と他人の違い
  • 仲間からの評価
小5 世界期①
  • 「世界」との出会い
  • 第3者から見た自分
小6 世界期②
  • 客観的視点の強まり
  • 自身の社会的な立ち位置と役割

「小4の壁」とは…?

小4(9歳から10歳)頃に自身のことや周囲のことを客観的に捉えられるようになることで、難しい感情(自身では解消しにくい感情)を持ちやすくなる時期のことです。
小学校の勉強の難易度も上がり、勉強に対する苦手意識や劣等感を抱きやすくなったりするため、自己肯定感が下がる一因になります。
「9歳の壁」「10歳の壁」といわれることもあります。 220922_rinaki5_ページ_4_画像_0001.jpg 220922_rinaki5_ページ_5_画像_0001.jpg lp_ayanayui_term2_title.png

「家庭」と「塾」でお子様を支えます

中学受験とは『子どもが自立する過程』です。そして実際に受験をするのは子どもですが、それには周囲の大人の支えが欠かせません。
本当の自立とは「一人でできる」ということではなく、確かな基盤の上に立ち、適切に頼り、頼られる関係にあることです。

我々もただ勉強の場を提供するだけではなく、お子様のあらゆる面での"もう一つの居場所"でありたいと考えています。

家庭と塾でお子様を支えます.png

臨海セミナーでは「頑張る気持ち」も引き出します!

洗足学園中学校・フェリス女学院中学校合格 武居 遥奏さん

Q.お母様から見た先生の印象を教えてください。

(保護者様)生徒一人ひとりに向き合って、親身になってくれる先生だと感じました。塾に通い続けていると娘から塾のことを話さなくなるんですよね。そんな時に、先生から娘の様子を電話で教えてもらえたので、安心したのを覚えています。

Q.志望校合格のために、臨海セミナーの役立った所を教えてください。

(保護者様)親が受験のアドバイスをしてもなかなか素直に聞いてくれないこともあるのですが、娘が今困っていることを先生に相談すると、見事に解決してくれていました。
生徒の性格までも把握してくれているようで、とても心強かったですね。

より良い学習環境で勉強するために

お電話による学習状況報告

日頃の塾での学習状況や宿題・小テストなどの状況を、定期的に担当講師からお電話にてご報告させていただきます。
学期に数回の頻度でお電話させていただきます。

生徒表彰・生徒面談・アンケート

一人一人のお子様と、実際に授業を担当する講師との関係性は重要です。普段のコミュニケーションだけでなく、学期に数回、講師と生徒が直接対話できるよう面談を実施しています。
また全生徒を対象に月末アンケートを実施しており、生徒からの忌憚のない意見を教室運営に反映させています。

家庭での学習

学習内容の定着などを目的とし、必要に応じた宿題を出します。またお子様自身の興味関心に基づいた自発的な学習を大いに奨励し、応援します。
自学自習の習慣を通してお子様の自立を目指していきます。

220922_rinaki5_ページ_6_画像_0001.jpg lp_ayanayui_term3_title.png

御三家算数特待

  • 特待基準を満たした場合、御三家算数講座の受講料が無料になります。
  • 小1~小3は、低学年特別価格との併用が可能です。
  • 御三家算数講座のみの受講も可能です。
※2024年度は上記特待が適用されます。
※別途、登録手数料・維持費・模擬試験代・講座費用・教材費などがかかります。

御三家算数ではこんな問題を一緒に考えます!

lp_ayanayui_gosanke_sample.png

「中学受験は算数で差がつく」ってホント!?

御三家中学入試での平均点比較表(2023年度)
他の教科と比較してみると、算数でいかに得点を取れるかが、御三家中学の合格を勝ち取るための鍵になっていることがわかります。

lp_ayanayui_term4_title.png
低学年算数特待

週1回なので通いやすく、基準を超えれば授業料無料で受けられます。

月額授業料低学年特別価格

必修科目を履修し、必要な申請書をご提出いただいた場合、月額授業料5,500円(税込)で受講できます。

小1~小3で「土台となる基盤を築く」

低学年のうちはカリキュラムに縛られず、柔軟な思考力と勉強・探究への興味を芽生えさせていきます。
ここで培った論理的思考力や情報処理能力、表現力が中学受験のみならず、「生きる力」の基盤となります。

入塾学年と合格率は繋がっている!

低学年(小3)までの入塾者が圧倒的に有利!
入塾タイミングにおける私立中学合格率(2022年度入試・臨海セミナー中学受験科卒業生)
graph1.png
【2022年卒業生より合格実績カウントルールに基づき対象となる生徒のみ集計】

中学受験をするのであれば、小3までの入塾が理想的

入塾タイミングによるその後の模試結果状況(2021年度臨海セミナー中学受験科卒業生・全データより)
graph2.png
小4での「小学校とのカリキュラムの差」が激しいことが要因と考えられます。

2023年度の小学4年生カリキュラム

5月 小学校:整理の仕方 / 割り算の筆算
中学受験科:三角形の面積 / 間の数を考える問題 / 周期を考える問題
6月 小学校:角の大きさ / 小数のしくみ
中学受験科:等差数列 / 約数 / 倍数
7月 小学校:小数の足し算 / 小数の引き算
中学受験科:一方におきかえて解く問題 / 立方体と直方体の性質
  • 2学期・3学期は更に広がっていく!
    9月 小学校:割り算の筆算 / 倍の計算
    中学受験科:小数と分数 / 分数とやりとりの問題 / 円と正多角形
    10月 小学校:およその数 / 計算の順序
    中学受験科:立方体・直方体の体積 / 割合の表し方 / 推理して解く問題 / 多角形の性質
    11月 小学校:直線の交わり / 四角形の性質
    中学受験科:円とおうぎ形 / 角柱と円柱 / 一方にそろえて解く問題
    12月 小学校:分数 / 変わり方調べ
    中学受験科:速さの表し方 / 平均 / 角すいと円すい
    1月 小学校:長方形の面積
    中学受験科:水量とグラフ / きまりに注目する問題
    2月
    (新5年生)
    小学校:小数の掛け算 / 小数の割り算
    中学受験科:倍数と約数の利用 / いろいろな図形の面積 / 割合の利用
    3月
    (新5年生)
    小学校:垂直・平行 / 立方体直方体
    いろいろな差集め算 / 濃さ
結論、遅くとも小3までには始めることをおススメします!
220922_rinaki5_ページ_7_画像_0001.jpg lp_ayanayui_term5_title.png
中学受験専門スタッフが授業を担当いたします。
子どもたちの「頑張る気持ち」を引き出します。
学年
小1~小5
会場
中学受験科 各校
日時】
毎週土曜日
14:00~15:00
(※一部教室では時間帯が異なります)
学年
小1~小6
(※臨海セミナーにお通いでない方が対象です。)
会場
中学受験科 各校
manga_KV.png