dj_nyushi_KV.png
大学受験は情報が重要!
入試の情報をお教えします

大学入学共通テストとは

「大学入学共通テスト(以下、共通テスト)」は「大学入試センター試験」に代わり、2021年度入試から実施されました。毎年1月中旬の土・日曜の2日間に全国で一斉に実施される試験です。

どんな人が受ける?

共通テストは、国公立大学の一般選抜に出願するためには原則必ず受験が必要で、学校推薦型選抜や総合型選抜で受験が必要な場合もあります。また、私立大学の約9割が共通テストを利用する入試を実施しています。

問題形式と傾向

問題は全てマークシート方式で出題され、思考力・判断力・表現力が求められる問題が重視され、全体的に知識や解法の暗記のみで解答できるような問題は減少しました。また、科目によっては問題数が多く、正確な知識に加え、素早く問題を解き進める処理能力が求められます。

出願

出願は10月上旬頃に行われ、高校3年生は高校単位で出願、高卒生等は各自で出願します。出願の際には受験する教科を決める必要があり、試験本番では事前に登録していない教科(科目)を受験することはできません。なお、検定料は、受験する科目が3教科以上の場合は18,000円、2教科以下の場合は12,000円です(成績通知を希望する場合は+800円)。

出題科目

共通テストの出題科目は、国語・地理歴史・公民・数学・理科・外国語の6教科30科目で構成されます。この中から、最大8科目(理科①を選択した場合は9科目)を受験できます。受験生は、志望大学が指定する教科・科目を選択して受験することになります。国立大学は5教科7科目を指定している大学がほとんどですが、公立大学は3教科などで受験が可能な大学も多くあります。一方で、私立大学の共通テスト利用入試は3教科が一般的ですが、必要科目数が異なる大学もあり、志望大学の必要教科をあらかじめ把握しておく必要があります。

注意点

共通テストでは出願や受験の際に注意すべき点があります。これらについて確認してみましょう。
科目選択時に「英語以外の外国語」「数学Ⅰ」「数学Ⅱ」「簿記・会計」「情報関係基礎」「地歴A(世界史A・日本史A・地理A)」は、出題科目として指定しない大学が多く見られるために注意が必要です。また、公民の「現代社会」「倫理」「政治・経済」も、一部の難関大学では受験できないケースがあります。
理科については、A~Dのどのパターンで受験するかについて、出願時に申請する必要があります。


国公立大学の理系学部では、理科①を認める大学はほとんど見られません。また、理科を2科目必要とする大学も多いため、国公立大学の理系学部を志望するならDパターンが多くなります。一方、国公立大学文系学部では、理科①2科目または理科②1科目で受験できる大学がほとんどです。ただし、東京大学や京都大学などのように、理科①、理科②のいずれを選択した場合も2科目を必要とする大学があります。私立大学に関しては、理系は理科②、文系は理科①と考えておけばよいでしょう。
地理歴史・公民、理科②において、教科内で1科目のみを合否判定に利用する大学では、2科目受験した受験生の成績は高得点の科目ではなく、第1解答科目(地理歴史・公民、理科②で1科目めに受験した科目)を指定するケースがあります。
特に、国公立大学では多くの大学が第1解答科目を利用するほか、私立大学でも難関大学を中心に第1解答科目を利用します。どの順番で解答するかは共通テスト当日に自由に選べるため、得意科目を第1解答科目で解くのが基本です。ただし、特定の科目を第1解答科目に指定する大学もありますので、志望校の利用方法について確認しておきましょう。

2022年度大学入学共通テスト 出題教科・配点・試験時間一覧

  • 国語
    ◆国語
    【配点】200点
    【試験時間】80分
  • 地理歴史/公民
    ◆地理歴史「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」【公民】「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」
    【配点】1科目100点 2科目200点
    【試験時間】<1科目選択>60分 <2科目選択>130分(うち解答時間120分)

    【選択方法】10科目から最大2科目を選択解答する(同一名称を含む科目の組み合わせは不可)。受験科目数は出願時に申請する。

  • 数学
    ◆科目①「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」
    【配点】100点
    【試験時間】70分
    【選択方法】2科目から1科目を選択
    ◆科目②「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」
    【配点】100点
    【試験時間】60分
    【選択方法】4科目から1科目を選択解答する
  • 理科
    ◆科目①「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」
    【配点】2科目100点
    【試験時間】2科目選択 60分
    ◆科目②「物理」「化学」「生物」「地学」
    【配点】1科目100点 2科目200点
    【試験時間】1科目選択 60分 2科目選択 130分(うち解答時間120分)

    8科目から下記のいずれかの選択方法により科目を選択解答する
    A 理科①から2科目
    B 理科②から1科目
    C 理科①から2科目及び理科②から1科目(同一名称を含む科目の組合せも可)
    D 理科②から2科目
    選択方法は出願時に申請

  • 外国語
    ◆「英語」(リーディング・リスニング)
    【配点】各100点(計200点) 【試験時間】リーディング 80分 リスニング 60分
    ◆「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」
    【配点】200点 【試験時間】80分

    5科目から1科目を選択解答する

※「国語」は「国語総合」の内容を出題範囲とし、近代以降の文章(100点)、古典(古文50点、漢文50点)を出題
※「地理歴史および公民」「理科②」の2科目選択者の試験は、解答順に第1解答科目・第2解答科目に区分し、各60分で実施する。試験時間130分には第1・第2解答科目間の答案回収等の時間10分を含む
※「英語リスニング」の解答時間は30分、試験時間60分には機器の動作確認等の30分を含む

外国語の「英語」の受験者は、「リーディング(センター試験時の「筆記」から改称)」と別時間に実施される「リスニング」の受験が必須となっています。「リーディング」と「リスニング」の配点はそれぞれ100点で、配点比率は1:1となっています。ただし、各大学が成績を利用する際には、配点比率を自由に決めることができるため、そのまま1:1で利用する大学のほか、センター試験時と同じ4:1で利用する大学もあるなど、大学により対応は分かれています。

国公立大学の入試について

国公立大学の一般選抜は、1次試験的役割を果たす「共通テスト」の得点と、大学別に実施される「2次試験(個別学力検査)」の得点の合計で合否を判定するケースが一般的です。
国公立大学志望者は、1月中旬に実施される「共通テスト」を原則受験し、志望する大学に願書を提出します。国公立大学の出願期間は、共通テストの約1週間後からスタートし、約10日間となっています。共通テスト受験後、自己採点を経て、出願校を変更するケースもあります。出願時になって慌てないよう事前に複数の候補を挙げておくようにしましょう。

国公立大学の日程の注意点

各大学で実施される国公立大学2次試験(個別学力検査)は2月下旬から行われます。2次試験は「前期日程」「後期日程」の2つの日程に募集人員を振り分けて選抜する「分離・分割方式」という制度で実施されます。受験生は「前期日程」と「後期日程」にそれぞれ1校ずつ出願できます。同じ大学・学部を2回受験することも、別々の大学・学部を受験することもできます。また、一部の公立大学では「中期日程」を設定する大学もあります。これらをあわせると国公立大学は最大3校の受験が可能となります。
注意しなければならないのは、「前期日程」で合格して入学の手続きを行うと「中期日程」「後期日程」の合格者になる権利は失われてしまいます。つまり、すべての日程の合否を確認してから入学する大学を選ぶことはできませんので、第1志望校は「前期日程」で受験することが一般的になります。前期日程と後期日程の募集人員の割合は8:2と圧倒的に「前期日程」の割合が高くなっており、複数回の受験機会があるものの、実質的には「前期日程」が中心と言えます。
▼2022国公立大学入試日程
djnyushi_schedule.jpg

国公立大学の2段階選抜

国公立大学の一般選抜でもう注意が必要であるのが2段階選抜という制度です。これは共通テストの成績で「第1段階選抜」を行い、その合格者に対して2次試験を実施して、最終的な合否判定を行う制度です。選抜が2段階に分かれていることから2段階選抜と呼びます。

2段階選抜の実施を予告しているのは、主に難関大学や医学部医学科です。多くの大学では「志願者が募集人員の◯倍を上回った場合、第1段階選抜を実施する」としており、志願者数の状況によって第1段階選抜の有無が決まります。

2段階選抜の実施を予定している大学では、共通テストの成績次第で2次試験を受けることなく不合格となる場合もあるわけです。国公立大学志望者は、まず共通テストでしっかりと得点できる力をつけることが大事といえるでしょう。

国公立大学の試験科目

2次試験の入試科目も共通テスト同様に大学によって異なります。また、同じ学科でも日程により異なるケースがほとんどです。

前期日程の入試科目は、一般的には文系学部で「外国語、数学、国語、地歴・公民」から23教科、理系学部では「外国語、数学、理科」から23教科が課されます。ただし、一部の難関大学では4教科を課す学部・学科もあります。

後期日程では前期日程に比べ教科数が少ないケースや、総合問題、小論文や面接などを課すところもあります。なかには、2次試験を行わず共通テストの得点のみで合否を決定する大学もあります。

配点についても共通テスト、2次試験ともに大学ごとに設定されています。専攻する学問に関連する教科の配点を高くすることも多く、例えば理系学部では数学や理科の配点が高くなっているケースが目立ちます。また、共通テストと2次試験の配点比率も大学によってかなりの差がありますので、志望大学の配点をきちんと確認しておきましょう。

私立大学の入試について

私立大学の入試は、国公立大学と同じように一般選抜と学校推薦型選抜、総合型選抜に分けられます。私立大学の一般選抜では、国公立大学のように統一した入試日程は設定されていません。各大学が自由に入試日程、選抜方法を設定しています。また、試験日が重ならなければ何校でも受験できるのも私立大学入試の特徴です。この一般選抜は、各大学で試験を実施する「一般方式」と共通テストの成績を利用する「共通テスト利用方式」に大別できます。

私立大学の一般選抜

私立大学の一般選抜は、1月下旬~2月中旬にかけて行われます。入試科目は大学によりさまざま設定されており、文系学部は英語・国語・地歴公民または数学から3教科理系学部は英語・数学・理科の3教科を課す方式が一般的です。また、入試科目や配点に特徴がある入試方式を実施しているところも多くあります。科目数や選択できる科目が方式により異なったり、特定科目の配点が高い方式もあります。他にも、小論文や論述試験で選抜する方式や、民間の英語資格・検定試験のスコア保持者に点数を加点する方式なども見られます。

一般選抜には、「全学部入試」「統一日程」と呼ばれる入試方式があります。これは、複数の学部が共通の問題を使用して入試を行う方式で、1回の試験で複数の学部・学科を受験することができます。

私立大学の共通テスト利用方式

共通テストの成績を活用する「共通テスト利用方式」も多くの大学で導入されており、一般選抜とは別枠で実施されています。2021年度に共通テストを利用した入試を実施した私立大学は500以上にもなり、全私立大学の約9割にあたります。現在、「共通テスト利用方式」の活用は非常に重要なものです。共通テスト利用方式では、大学独自の試験を課さず共通テストの結果だけで合否を決定するケースが一般的であるため、共通テストさえ受験していれば、大学へ行かずに複数の大学を受験することが可能になります。受験料は一般方式と比べて安価に設定されていることが多いです。
共通テストの必要科目数は4教科以上としているところもありますが、多くは3教科以下となっています。また、共通テストの成績と個別試験の成績を合わせて合否判定する併用方式を設定している大学も多くあります。
共通テスト利用方式で注意したいのが出願期間です。国公立大学の一般選抜は共通テスト受験後の出願ですが、私立大学では共通テストの試験日より前に出願締め切りがくる大学も少なくありません。その場合は共通テストの結果を踏まえての出願ができないため、見込み出願をすることになります。一般的には、共通テスト利用方式は倍率が高くなることが多く、それに伴って合格レベルも高くなる傾向があります。一般選抜と共通テスト利用方式はバランスよく組み立てるようにしましょう。

学校推薦型選抜と総合型選抜について

学校推薦型選抜の特徴

「学校推薦型選抜(旧:推薦入試)」は、出願するためには出身学校長の推薦を受ける必要があります。出願にあたっては、「調査書の学習成績が◯以上」のような出願条件が設定されている場合もあり、誰もが出願できる入試というわけではありません。
学校推薦型選抜は、大きく「公募制」と「指定校制」の2つに分かれます。「公募制」は、大学の出願条件を満たし、出身高校長の推薦があれば受験できる選抜です。一方の「指定校制」は大学が指定した高校の生徒を対象とする選抜で、私立大学が中心となっています。また、多くの大学では、「合格した場合は必ず入学する」専願制の入試となっています)。私立大学の公募制では、他大学の併願が認められている場合もあります。
学校推薦型選抜を考える場合は、出願するうえで制約があることと、原則第1志望校に限った入試であることを理解しておきましょう。

国公立大学の学校推薦型選抜と総合型選抜

国公立大学の学校推薦型選抜は、私立大学に比べて募集人員が少なく、出願条件のうち「評定平均4.0以上」など厳しい成績基準を設けている大学があるほか、1つの高校からの推薦人数が制限される場合もあります。また、国公立大学の場合は、共通テストを課す場合と課さない場合があり、その入試日程も大きく異なります。
各大学の個別試験では、小論文のほか、プレゼンテーション、口頭試問、実技、または学力を確認する試験も行われています。「小論文」となっていても実質は「総合問題」のように構成されている出題も見られ、大問ごとに科目が異なる出題もあります。受験する場合は、事前に試験内容をよく調べる必要があります。

私立大学の学校推薦型選抜と総合型選抜

私立大学の学校推薦型選抜は、入学者比率が半数程度になる大学もあり、一般選抜と並ぶ規模になっています。選抜方法は、小論文や適性検査、面接、基礎学力試験、調査書等の書類審査をさまざまに組み合わせて選考されています。公募制、指定校制のほかに、高校の推薦書を必要としない「自己推薦型」の方式を実施している大学もあります。受験者自身が意欲や長所などを記した自己推薦書を作成する必要があります。一般選抜と同様に多様な選抜が実施されており、「スポーツ推薦」「有資格者推薦」「課外活動推薦」などもあります。

総合型選抜の特徴

総合型選抜は、エントリーシートなどの受験生からの提出書類のほか、面接や小論文、プレゼンテーションなどを通じて、受験生の能力・適性や学習に対する意欲などを総合的に評価する入試方式です。他の入試方式と比べると、「高い学習意欲」「学びへの明確な目的意識」が選抜基準として重視されています。出願時に受験生自身が作成して提出する書類が多いことも特徴です。2021年度入試から、学校推薦型選抜と同様に、各大学が実施する評価方法に学力を確認する評価方法を活用することが必須となりました。
国公立大学の総合型選抜では、出願が9~10月頃、合格発表11~12月上旬頃といった入試日程が一般的です。出願条件は、成績基準がない場合や、高卒生でも出願できるなど、学校推薦型選抜より緩やかな場合が多いです。大学によっては、出願要件として有資格者といった条件が加わっていることもあります。選考方法は1次試験が書類審査、2次試験が面接や小論文といった選抜がよく見られます。このほか、授業などに出席してレポートを提出するといったものもあります。また、基礎学力を測るために、共通テストを課す大学も多く見られます。総合型選抜は、大学も選抜に時間をかけており、受験生側にも労力がかかります。また、出願時に提出するものも多岐にわたる場合が多く、事前準備が多いことも特徴です。受験を考える人は早い時期からの対策が必要となります。
私立大学の総合型選抜の選抜方法はさまざまで、大学によりかなり違いがあります。難関大学では、国公立大学と同様に1次試験が書類審査、2次試験が小論文・面接という形式が一般的で、そこにプレゼンテーション、グループディスカッションなどを組み合わせた選抜方法を取り入れています。書類審査は厳しく、出願者の多くが通過できない大学もあります。出願要件も全体的に厳しく、個人の学力や能力が重視されるケースも多くみられます。
多くの大学で行われているのが対話型の総合型選抜です。エントリーの後、予備面談などを含めて複数回面談を行い、出願許可されると合格内定を得ることができる選抜方式です。このタイプの総合型選抜では、大学・学部への適性や学ぶ意欲がより一層重視されます。
総合型選抜は早期に合格が決まる分、早い時期に志望校を決定し、試験の準備をしなければなりません。自分の進路・適性をしっかりと考えたうえで受験しましょう。