T.A.インタビュー 大学合格までの道のりを聞きました
臨海セミナー大学受験科でT.A.(ティーチングアシスタント)をしている現役大学生に高校生活や大学受験の学習方法などをインタビュー!
先輩の経験談をもとに、日ごろの生活や学習を充実したものにしましょう。

法政大学生命科学部 岡本未知さん

dj_ta_interview_okamoto.png 第一回目は法政大学生命科学部に通う「リケジョ」、岡本未知さん。

Q:岡本さんは、今横浜校でT.A.(ティーチングアシスタント)として勤務してもらっていますが、もともとは生徒さんでした。高校生のときに臨海セミナーを選んだ理由は何かありますか?

私は中学校の時から臨海セミナーに通っていて、そのまま大学受験科に通っていいました。
高校生になると、周りは結構予備校とか映像授業に行く人もいましたが、私はそういうところだと続けられないなって思いました。

Q:そうなんですね。他のところや、映像が合わないかなと思った理由って、何かありますか?

先生が目の前にいないと質問もできないし、授業してくれる先生に直接聞けることがいいと思っていました。
中学まで通っていて慣れていたこともあったので、そのまま続けたいなって思っていました。
あとは、周りに一緒に勉強する人がいた方がいいというのもありました。

Q:臨海セミナーのいいところをもし挙げてもらうとしたら、何かありますか?

中学部の頃から先生が好きでした。先生が私のことを結構気にかけてくれて、何か質問したときとかに、それに答えてくれることプラスアルファで「何か最近こういうこと考えている?」とか言ってくれたり、進路の話をしたときにきちんと答えてくれるところとか、が良かったです。

Q:高校3年生のときには授業は何を受講してましたか?

難関英語αβと、化学αβと、HL数学ⅠAⅡB・Ⅲを受講していました。

Q:受験に必要な科目を全て受講していたんですね。授業の様子や雰囲気はどんな感じでしたか?

そうですね、大学受験科は先生の熱がすごい、と思います。

Q:先生の熱?

声の大きさとか、授業での迫力とか、です。高校生になってから静かな感じの授業が多い印象でしたが、臨海セミナーの授業はピリッと緊張感がありました。

Q:そうなんですね。確かにそれを意識して授業をしています(笑)。岡本さんは臨海セミナーに通っていて身についたと感じることは何かありますか?

私は英語を1年生から割とがんばっていて、細く長くこつこつがんばれたなって思っています。直前に焦って…とかじゃなくて、着々とやれました。

Q:それは素晴らしいですね!じゃあ、受験期のときは英語で苦労しなかったんですか?

英語は大丈夫でした。

Q:まさに理想とする受験生の形ですね。1年生、2年生の頃も英語は受講していましたか?

はい、受けていました。それが良い方向に進んだかもしれません。

Q:逆に苦労した科目ってありますか?

数学は大変でした。1・2年生の頃に、きちんと理解しないまま先に進んでしまっていて、かなり速く勉強は進めていたとは思いますが、少し難しい問題ばかりに手をつけていたかもしれません。

Q:数学は3年生になってからどのように勉強していましたか?

3年生になると入試問題が多くなってきたので、解くのが難しくて大変でした。先生にいろいろ聞きながら解決させていました。
テストゼミ形式になってから、全然解けなくて、先生に叱られたこともありました。
難しすぎると感じた問題はあまり深くやらずに、自分が解くことができる問題を増やそう、という意識で進めていました。
先生からも、あちこち手を出さずに、授業で出てきたものをまずはできるようにしようと言われていました。

Q:そのような勉強を進めて、成果はどうでしたか?

そうですね、少し時間はかかったかもしれませんが、数学の基本問題では困ることはなくなりました。入試でも、解けました。

Q:それはすごいですね!やはり勉強の質がよかったのでしょう。そして今はT.A.をしていますが、生徒時代はT.A.は使っていましたか?

はい。私は授業の質問は直接先生のところに行っていたので、学校の定期テスト前にその内容の質問とかをしたり、補習をしてもらったりしていました。

Q:T.A.さんに聞いていた科目は何が多かったですか?

私は化学と物理です。受講していない授業でも、補習でカバーしてもらっていました。

Q:実際にT.A.になって、T.A.として気をつけていることは何かありますか?

一通り教えてみると、単元を全体的に見ることができるようになって、まずは最低限ここをおさえておけばいい、というのがわかるようになりました。
高校生の時は解くことだけで精一杯でしたが、今の生徒さんにはまずこれができれば大丈夫っていうのが言うようにしています。
教科書全部、じゃなくて、まずはここから次はここ、みたいな感じで、ポイントを押さえるようにしています。

Q:なるほど、それは生徒さんが安心できそうですね。よく質問を受ける科目はありますか?

やっぱり数学ですね。

Q:それはなぜなんでしょうか?

そうですね、高校1年生の最初のうちは、展開・因数分解あたりはこのまま中学の延長で進んで行くのかなっていう内容ですが、そのあと、一気に2次関数で難しくなって。例えば、場合分けの問題はあんまり経験がないので、わからなくなってしまう生徒さんも多いかもしれません。

Q:確かに、英語と違って数学は一気に高校数学っていう風になるかもしれないですね。岡本さんが大学受験を意識したのって、いつ頃でしたか?

高校2年生の後半くらいでした。

Q:そのきっかけは何かあったのでしょうか?

文理選択があったので、進路の方向性を決める必要がありました。

Q:そうですよね。高2後半あたりから意識しはじめて、いわゆる受験勉強っていわれるものはいつ頃から取り組んでいましたか?

臨海セミナーで3年生になるタイミングですかね。1月、2月あたりです。

Q:岡本さんは部活をやっていましたか?

はい、硬式テニス部です。

Q:部活はいつまでありましたか?

3年生の5月まで、ですかね。ただ、3年生になってからは塾を優先していました。

Q:学校がある日は1日何時間くらい勉強していましたか?

私は特に決めてなかったです。日によって結構バラバラでした。平均すると2時間少しくらいだと思います。
がんばれる日はがんばれるけど、がんばれない日ってあるよなって思って、やるようにしてました。
「毎日絶対何時間」って決めても挫折しちゃったこともあって、がんばれる日にがんばってました。

Q:なるほど。でも、だからこそ長く続いたのかもしれないですね。先ほど言っていた「細く長く」って感じでしょうか。

はい。自分の性格に合っていたのかもしれません。長くできる日は、朝からちゃんと始めて、授業で3時間くらい頑張って、その前後に自習をして、という形で8時間くらいです。

Q:大学卒業後は、どのような方向性を考えていますか?

今は化学を専門に勉強しているので、その道に進んでいくか、あとは教育も見てますね。幼児教育の方に興味があります。

Q:では、高校生に向けてメッセージをお願いします。

私は高校生のときに将来のことをまだあまり決められていなくて、受験を迎えることになりました。
将来のことをよく考えて受験をするのが一番理想だと思います。やっぱり好きじゃないと、勉強は続かないので。
文系の人は幅広く学部を見たほうがいいと思うし、理系の人は大学での実験内容も調べてみてもいいと思います。

インタビュアー紹介

講師:岡村 優介

臨海セミナー大学受験科で英語を担当する熱血講師。

座右の銘:向き、不向きよりも前向き

臨海セミナーではレベル別に豊富な講座を揃えています。
今の自分のレベルに合った講座が選べるので、無理なく学習することが出来ます。
志望校が決まっている人は大学のレベルに合わせた講座を選べます。
  • 10月無料体験授業(大学受験)